探偵に聞いた!プロの尾行はココがすごい。証拠は先手必勝で押さえる!<後編>

「夫や妻の浮気が発覚したら、まずプロの探偵に相談してほしい」、総合探偵社TS代表の林幸男さんは言います。数々の悩みを解決に導いてきたプロがそう言う理由は、浮気の証拠を押さえることは、プロの探偵しかできないからだそう。

後編では、尾行のコツ、浮気の証拠の押さえ方、浮気に悩む方へのアドバイスを伺います。
※前編はこちらです。

5. 実際の尾行はココがすごい!

尾行は何人で行うのですか?

弊社では3人以上ですね。1人の対象者を尾行で監視する時は、周辺の撮影1名と尾行が2人、という3名体制で行っています。女性と男性でペアを組みます。女性しか立ち寄れないところに入った時など、女性の役割が重要になります。男性だけでは、デパートのような場所では余計に目立ってしまいます。
男性より女性の調査員のほうが尾行をしやすいというのはあります。

女性のほうが対象者にとって気にならないのでしょうか?

女性だと警戒心が薄くなるようです。特に対象者が女性の場合は、男性が後ろからついてくると警戒されてしまいます。
浮気をする人っていうのは、悪いことをしているとどこかで思っているので、後ろを振り向いたり、キョロキョロしたりします。その場合は、警戒されない女性を配置したほうがいいですね。

尾行する時の服装は?

一般的に探偵の服装って、地味で目立たないものと思われがちですよね。でも実際は、追跡する場所や環境によって服装を変えています。
基本的にはビジネス街だったら、スーツだったり、遊園地だったら、カジュアルだったり、スーパーだったら、ラフだったり。
とはいえ、赤は目立ってしまうので、着ないですね。赤とか白は覚えられやすい色なんです。

6. 尾行はズバリ、相手との距離感で決まる!

尾行時の七つ道具のようなものはあるんですか?

撮影するためのビデオカメラとコンパクトなデジタルカメラ、ICレコーダー、携帯電話、充電器、GPSの機材ですね。GPSは車で追跡する場合に必要です。車を途中で乗り換えられたりするケースもあるので、不測の事態に備えて持ち歩いています。

探偵のイメージとして思い浮かぶ、手鏡や虫眼鏡は使わないんですね。

それは使わないですね(笑)。調査は、犯罪者と間違われるっていうのが一番痛いんです。痴漢や盗撮に間違えられて、警察が来てしまったら、調査を中断しなくてはなりません。その時に、余計に疑われるようなものは、使わないようにしています。

尾行時には、どのぐらいの距離をとったらベストですか?

徒歩尾行で最も重要なのが、相手との距離です。距離感をどう取るかが、尾行を成功するための最大の秘訣かもしれないですね。
距離は、現場によって違うので、一概にどのぐらいとは言えません。例えば、住宅地と大きなビル街、電車やバスなどでは違います。
満員電車の中では、真後ろにつきますが、改札を抜ける時は2〜3m離れます。住宅街では10〜20mの距離が必要ですが、ホテルや住宅への入りを押さえる時は、多少なりとも近くにいなきゃいけない。
そこは臨機応変に判断をしています。プロならではの勘と感覚が必要です。

対象者が不意な動きをした時は、どのように切り抜けるのですか?

対象者が突然振り返ったり、逆に向かって歩いて来たりしても、驚かないように訓練しています。ただし、こちらの存在に気がつかれた可能性もあるので、直ちに目線を相手の靴あたりに切り替えます。その際、気づかれた可能性のある1名を切り捨てて、もう1名の調査員で追跡を続行します。

7. プロの証拠の押さえ方とは?

浮気の証拠を押さえる方法を教えてください。

基本的に証拠は、「ホテルの出入り」を押さえることなんです。密室の中に何時間いたかによって、不貞行為が認められるんですよ。入る瞬間、出た瞬間を押さえて、密室の中に何時間いて、第三者がその部屋に入っていないことを証明するのが僕たちの仕事になります。

ホテルは不特定多数の人が出入りしますが、どう証明するのでしょうか?

ホテルは部屋号室を押さえるケースが増えていますね。出入りはビデオを回しっぱなしで撮影します。
最近、インターネットで浮気の証拠を突きつけられた時のかわし方やお金を請求された時などのかわし方が載っているので、浮気する側も相当知識を得ています。そのため、ちょっとした証拠、例えばホテルに入ったところだけでは、通用しないケースが増えてきています。

その際の対策はありますか?

不貞行為っていうのは1回だけではなく、常習性を証明したほうがいいので、証拠を押さえるにも回数が必要です。1回だけの映像で、不貞行為の立証とせずに、何日も女性のところに会いに行っているとか、何回もホテルで不貞行為を行っているという常習性が立証できる証拠があればあれほど、証拠能力としては強いですね。

8. 浮気調査は先手必勝!

尾行について、素人とプロの違いはどこにありますか?

一般の方が、尾行をするのはかなりリスキーです。法律に触れる可能性もあります。探偵社は警察から認可をもらい調査を行っていて、対象者からシチュエーションに適した距離を保つなど、経験や知識もあります。
一般の方の場合、ストーカー規制法に触れてしまったり、盗撮とみなされてしまう場合も多くあるので注意が必要です。

夫や妻、恋人でも警察に訴えられる可能性があるということですか?

十分に考えられます。一度でもストーカーのレッテルを貼られたら、もうそこで負けなんです。警察に通報されて、この人はストーカーだというレッテルを貼られてしまうと離婚などの裁判や調停になった時に、不利に働くことが多いですね。

そこから挽回するのは難しいということですか?

そうですね。不利な状況から戦っていくっていうのは、やっぱりマイナスです。不貞行為の証明っていうのは、やはり先手必勝なんです。したたかに攻めて、最後に一気に証拠を突き出すっていうことが重要です。

初期の段階でも探偵社で相談に乗ってもらえるんですか?

相談窓口があるので、まずはお話を聞かせてください。
そこから、調査をどう遂行していくかというところから、最終的なアフターフォローをどうしていくかという結論付けまでさせていただきます。
私の探偵社は、時間単位で調査できますし、調査員は10年以上のベテラン揃いです。調査員が1名や2名というところもありますが、きちっと3名体制で、親身になって調査するので、安心して任せていただけると思います。

まとめ

<探偵へ浮気調査をご検討の方>
浮気調査は信頼のおける探偵へ。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

総合探偵社TS 代表 林 幸男

浮気・不倫調査、詐欺被害、いじめ問題、企業・法人向け調査など様々な調査に対応できる総合探偵社。夫婦カウンセラーの資格も持ち、離婚あるいは復縁についても適切なアドバイスが可能。調査は1時間単位から依頼可能。全国対応。法律専門家の紹介などアフターフォローも万全。【探偵業届出番号】東京 都公 安委員会第30150002号。

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

17時47分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。