夫が浮気!?でもやり直したい。復縁で証拠が必要な理由を夫の心の内から探る

「離婚したいわけじゃないから、証拠をバッチリ押さえる必要はないんじゃない」
タントくんの相談者の中には、こうおっしゃる方も多いです。
夫との関係の修復に、浮気の証拠はあまり重要ではないと。
でも、そうじゃないんです。復縁するからこそ浮気の証拠が重要です。
ここでは、とある夫婦の会話から、浮気を問い詰めた時の夫の心情を証拠別に見ていきます。

※証拠が必要な詳しい理由は「復縁・修復のために浮気調査をしたい」をご覧ください。

証拠がない状況で浮気を問い詰めたら…

妻「ねえ、最近いつも帰り遅くない?今日もお風呂入らないの?なんかサッパリして帰ってきてるし。」

夫「仕事帰りに一杯飲んでサウナ行ってきたからだよ。」

妻「本当にサウナなの?どこかで女とでも会ってたんじゃ。」
(夫の心の中:浮気を疑い出したっぽいな。でも、証拠は持ってなさそうだし、しらばっくれて大丈夫だろう…)

夫「はっ、何言ってんだよ。」

妻「何か最近違うもん。きっと浮気してるからでしょ。私にはわかるんだから!」
(夫の心の中:ウザッ。言うならエビデンス用意しろっつーの。遅く帰る度にこれが続くとしんどいな…)

男性の多くは感覚よりも証拠理論で納得をします。

妻が直感だけで浮気を疑っているとわかったら、夫は論破したり、しらばっくれたりしようとします。

また、「私にはわかる」と言った自分の直感を過信している発言には、男性は拒否反応を示しやすいです。

こう言った言葉や態度の節々で夫の気持ちが徐々に離れていってしまう恐れもあります。

不十分な証拠で浮気を問い詰めたら…

妻「ミナミって女だれ?」

夫「会社の後輩の友達。なんでミナミちゃんのこと知ってるの?」

妻「いつもLINEしてるじゃん。この間も仕事って嘘ついてご飯2人で行ったでしょ。」

夫「人の携帯、勝手に見たのかよ。ふざけんなよ。」
(夫の心の中:勝手にLINE見るとかあり得ねーだろ。まずいかな。いや、LINEではご飯の約束ぐらいであまり深い話はしてないはず。ごまかせるだろう…)

妻「『楽しかったです。また誘ってくださいね』だって。いつから浮気してたの?」

夫「誤解だよ。一度メシ行っただけだし。それも、今度一緒に仕事するから、大半はビジネスの話。浮気の証拠あるのかよ。」

妻「しらばっくれないでよ。オンナからのLINE、あなたをオトコとして見ている感あるもの。十分浮気の証拠よ。」
(夫の心の中:ウザッ。コイツこうなると本当に面倒なんだよな。それに比べてミナミちゃんは…)

夫「勝手に思い込むなよ。とにかくそんな関係じゃないから。」

男性は、確固たる証拠がなければ浮気を白状せずにごまかし切ろうとする人も多いです。

楽観的なのか、罪の意識が低いのか(後から証拠が出てきて大炎上することもありますが)。

このケースでは、LINEのやりとりの内容だけでは証拠として不十分だと理解した上でこのような反応をしています。

一方で妻は、先入観(実際には当たっているのですが)もあって、浮気を決めつけ、認めない夫に対する怒りは増すばかり。

それを見て夫は浮気相手と比較します。

はじめは、浮気はちょっとした好奇心だったとしても、このような出来事をきっかけに本気に変わってしまう恐れがあります。

浮気の証拠がバッチリあったら…

妻「昨日残業だって嘘ついて浮気してたでしょ!」
(夫の心の中:あれ、浮気に勘付いた?でも証拠はないよな。一昨日までは本当に残業だったし…)

夫「おいおい、何言ってんだ。今月ずっと忙しかったの知ってんだろ。ふざけたこと言うなよ。」

妻「ふーん。(ラブホテルに入る瞬間の写真撮り出す)これ。まだしらばっくれる?」
(夫の心の中:マジかっ!まずいな。なんとかごまかせないかな。何かいい手は…)

夫「えーっと、いやそれは…んーっと、ちっ、違うんだ。」

妻「何が違うっていうの?嘘を続けるなら、離婚も考えるし、このミナミってオンナに慰謝料請求するよ。」
(夫の心の中:証拠も押さえられている。離婚はしたくない。ミナミちゃんにも迷惑がかかる。認めて謝ろう)

夫「すまなかった。好奇心からつい…。浮気はもうしない。許してほしい。」

男性は確固たる証拠を突きつけられれば、「認めるしかない」となるのが通常。

好奇心や体だけの関係での浮気なら、離婚によって失うものの大きさを理解し、許してもらおうと謝罪するはずです。

この状況でも認めないとしたら、夫婦関係が破綻をしているか、認めるより重要な事情でもあるのでしょう。

また、浮気相手への慰謝料請求は止めるように頼んでいます。

これは浮気相手を気遣った発言。

相手と関係が終わったと後も、いい男として見られたいという心情からです。

このように好意を持たれ続けたいと思う男性は多いです。

この場合、慰謝料請求の実施はもちろん妻の自由です。

夫と浮気相手の関係を確実に断ち切りたいのであれば、慰謝料請求をして誓約書も作成する方が確実。

慰謝料請求をすることが夫婦の再構築にマイナス要素となりそうな場合は、請求しないほうがいいかもしれません。

証拠があれば、サレ側が優位に!

証拠がある場合とない場合での夫の反応違いについてご理解いただけたでしょうか?

浮気の証拠は、サレ側がその後を優位に進めていくための武器みたいなもの。

夫に過ちを認めさせ、意識を妻に向かせるために必要です。

もちろん、浮気相手に慰謝料請求で復讐するためにも使えます。

浮気の証拠は1回ではなく2〜3回分あると、証拠として確実性が増し、慰謝料を獲得できる可能性が高まります。

また、関係の修復が上手くいかず、離婚をすることになった場合、後からでも慰謝料請求が可能です。

慰謝料請求の時効は浮気を知った日や浮気が原因で夫婦が離婚した日から3年

復縁が必ずうまくいくとは限りません。

万が一のためにも、証拠を掴んでおくのがいいでしょう。

まとめ

浮気の証拠は突きつけて離婚をするためにあるわけではありません。
浮気を辞めさせる、浮気相手に慰謝料請求を行うなどし、夫婦がやり直すためにも役立てることが出来ます。
浮気の証拠を掴んで、その後の夫との関係で優位に立てた方が大勢います。
夫婦の再構築の第一歩として、浮気調査をしてみませんか?

復縁のために浮気調査をしたいと思ったら、下記より探偵さがしのタントくんまでお気軽にご連絡くださいね。
→相談してみる(WEB無料相談フォームへ)

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、4時39分 お電話受付中!

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。