やってはいけない!夫の浮気対処法「NG3選」

夫の浮気が確定した…。そんなときは、誰でも気が動転し、自分をコントロールできなくなってしまうものです。しかし、感情のままに行動してしまうと、うまくはぐらかされてしまったり、後々、自分に有利な条件でことが進められなくなってしまったりと、事態がさらに深刻になる可能性も。
そんなリスクを避けるためにも、夫の浮気が発覚したときの対処法として、やってはいけないNG対処法を3つご紹介します。

夫の浮気に対して、こんな対処はNG!

あなたは浮気が発覚してから次のような対処をしてしまった、もしくはしようと思っていませんか?うっかりNGな対処を行ってしまわないように、ぜひ心に留めておきましょう。

1. 感情的に相手を激しく責め立てる

夫の浮気が発覚した直後は、怒りや嫉妬、ショックなどが一気に押し寄せ、感情に任せて怒鳴り散らしてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、そんなときこそ、冷静さを保つことが重要です。
感情のままに責めても、相手からは本音を引き出すことはできません。むしろ夫は、そんな妻がわずらわしいとますます心が離れてしまうばかりでなく、浮気の証拠を消されてしまうかもしれません。
浮気の証拠をしっかりと掴むためにも、実際の夫の行動を具体的に把握してから対策を考える、といった冷静さを保つことがポイントです。

2. ストレートに「あなた、浮気しているでしょ?」と指摘する

より確かな証拠をつかむためには、ストレートに「あなた浮気しているでしょ?」と問い詰めると逆効果になります。決定的な証拠がない場合は特に、相手に否定されれば、追求しようがありません。
まずは、夫に気付かれないように慎重に行動し、浮気の証拠を集めたり、浮気相手に目星を付けたりしましょう。自分一人で証拠を集められない場合は、探偵社に相談してみても良いでしょう。

3. 被害者のようにふるまう、周囲の同情を誘う

夫の浮気が発覚すると、「自分は毎日家事や育児に一生懸命、不平不満一つ言わずがんばってきたのに…」と裏切られた気持ちになるものです。被害者意識が高まると、相手だけを責め始めたり、自分ばかり反省したりと、本当の原因を分析することができない状態になってしまうかもしれません。

相手を責めるあまり関係の修復ができなくなった、周囲の同情を誘うために夫の浮気の疑いを話したことで本人の耳に届いてしまい、浮気の証拠を突き止められず慰謝料をとれなかった、などの最悪の結果を招いてしまう可能性があります。

大切なのは、まず浮気の実態を確認すること。はっきりとした証拠が出る前から、被害者のようにふるまったり、周囲の同情を誘うようにふるまったりするのは避けた方が良いでしょう。

まとめ

夫に浮気されたことが分かったら、自分はこの先、夫とどうなりたいのかを第一に考えることが重要です。そのためには、感情的になったり、相手を問い詰めたり、被害者モードに入ったりせず、「決定的な証拠をつかみ、自分の希望通りに事態が進むようコントロールする」くらいの強い気持ちでいることが大切です。

<浮気の証拠はプロにお任せ!>
浮気の証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

浮気調査をご検討中の方はこちら

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時17分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。