40代おじさん夫の不倫相手が学生や若い女だったら慰謝料請求はどうなる?

多くの男性、いくつになっても若い子が好きなもの。
40歳代、50歳代の夫が「20歳代前半の女と浮気をしているかも」、といった調査のご相談も少なくありません。
気持ち悪い、嫌悪感、呆れる…、自分の子どもでもおかしくない年齢の女との不倫に、さまざまな感情を抱くと思います。
おじさん夫と学生、20歳代前半の若い女との不倫の慰謝料請求や浮気を見破るポイントを考えてみましょう。

年の差不倫が珍しくないワケ

「夫の浮気調査をしていたら、相手が学生だった」、「夫が会社の新入社員と浮気をしていた」というケースが時々あります。
40歳、50歳のおじさんになっても若い子が好きな男性はたくさんいます。

若い頃から女好きだった男性だけが当てはまるとは限りません。
真面目で家族思いなご主人が、若い女からアプローチされてその気になってしまい、浮気に発展することもあります。

若い女性の中にはおじ専な人もいます。
経済的にも精神的にも大人な40歳代、50歳代のほうがモテることもあります。
「ご馳走してくれるし、色々買ってくれる」とパパ活のような気持ちで好きな女性もいるでしょう。

結婚していることが、より魅力的に映ることもあります。
一夜の関係の場合もあれば、恋愛感情のある浮気が続いている場合もあります。

若い女との不倫をやめさせるには?

「二十歳そこそこの女との不倫なんて引く」、「夫がロリコンだとは思わなかった、気持ち悪い」。
若い女との浮気が発覚し、このように思うかもしれません。
これから先も夫と夫婦を続けていくか離婚するかは、奥さまのお気持ちや各ご家庭の事情などから、後悔のない選択をしてください。

夫婦関係を続けていく場合や、離婚する可能性も含め夫としっかり話したい場合は、不倫相手に慰謝料請求を行い、夫と不倫相手の関係を断ち切りましょう。
夫の不倫相手が若い女だった場合の慰謝料請求で、いくつかポイントがありますのでご説明します。

学生や若い女に慰謝料請求する際のポイント

学生でも浮気の責任を問える?

夫の浮気相手がまだ大学生だったというケースもあります。
しかし、大学生であれば、やっていいこととダメなことの判断をできるのが通常ですので、相手が学生でも浮気の慰謝料請求が認められるケースは多いです。
ただし、慰謝料の支払いには注意が必要です。

ほとんどの大学生は、社会人に比べて収入も貯金も少なく、数十万から100万円程度の慰謝料を支払うのは簡単ではありません。
そのため、分割払いなどで慰謝料を支払ってもらうことになるケースが多いようです。
分割でどのように支払うかは、示談書に記載します。

「学生の親に慰謝料を支払わせればいい」という考えもありますが、浮気は当事者間の問題とされることが多く、親に支払いを強制することはできないそうです。
勝手に不倫相手の両親にバラすなどすると、相手から名誉毀損で訴えられる可能性や、相手の親が子どもを守ろうとしてあなたに対して攻撃的になる可能性もあり得ますので気をつけましょう。

ただし、学生が両親に相談するなどした場合、謝罪の気持ちから両親が慰謝料を支払ってくれるケースもあります。
自分が不利にならないよう、慰謝料請求をうまく進めていく必要があります。

不倫相手が職場の若い女だったら

新入社員の女性との浮気は社内不倫の中でもよくあるケース。
不倫相手が同じ会社の部下、後輩だった場合は、会社に伝えようと思うかもしれません。

しかし、感情的になって不倫相手への報復として会社に伝えたりすると、あなたが名誉毀損で訴えられる可能性があります。
会社で騒ぎになると夫の立場のほうが悪くなり、左遷させられてしまうことも考えられます。

また、いくら不倫相手が許せなくても、退職を強制することはできません。
今後も夫と不倫相手が同じ職場にいることに気持ち悪さを覚えるなら、示談交渉で自主的な退職をお願いしてみる、部署異動を申し出るようにしてもらうなどを、自分が不利にならない範囲で求めていきましょう。

浮気相手が若いと慰謝料が減額される?

職場不倫では、上司である夫がしつこくアプローチし、社内での立場などから女性が断りきれず肉体関係になるケースもあります。
慰謝料を決める際には、「不倫の主導者がどっちだったか」で金額が増減することがあります。
夫が上司であることを利用して浮気をしていた場合、夫により大きな責任があるとして、浮気相手の慰謝料が相場よりも減額される可能性があります。

若い女との不倫を見破るポイントは?

まだ不倫の証拠を掴んでいない人、最近、夫の様子がおかしいと思っている人は、次のようなことがないか確認してみてください。
浮気をすると「身だしなみに気を使うようになる」、「携帯電話を肌身離さず持ち歩く」などの変化があるとよく言いますが、不倫相手が若い女の場合に見られる変化をピックアップしました。

若い子に人気のモノ、人を知っている

最近、若い子の間で流行りのアプリがスマホに入っている、スイーツに詳しくなっている、人気のYouTuberを知っているといった変化がありませんでしたか?
40歳以上の男性の多くは、若い子の文化がわかりません。
40歳代のおじさんと20歳代の女性とでは、同じスマホを使っていても用途や入っているアプリは全然違います。
若い子が当たり前のように知っているタピオカのお店の名前も知らないでしょう。
夫の感覚が急に若くなったら、それは若い女に影響を受けている可能性があります。

若い子が使う言葉を使いたがる

言葉も同じです。
40歳以上の男性と20歳代の女性では、日常会話で使う言葉が結構違うもの。
おじさんの言葉づかいが急に若くなることは、若い子とたくさん会話をしていない限り、めったにありません。
会話の中での単語で、前は使わなかったような言葉を発していることはありませんか?

匂いに気を使うようになった

不倫相手が若い女の場合、髪型や服装だけでなく、匂いに対する意識に変化があるかもしれません。
おじさんには、年齢を重ねた男性ならではの匂いがあります。
おじ専の女性の中には、おじさん臭が好きな人もいるようですが、男性からしてみれば、若い女の子といる時に変な匂いがしないか気になるもの。
食事後やタバコの匂いを含め、匂いのエチケットを急に気にするようになったら怪しいです。

若い浮気相手に対して感情的にならないで!

浮気相手と自分を比較したり、張り合って感情的になったりする必要はありません。
取り乱した状態で行動してしまうと、トラブルが拡大して夫の気持ちも離れてしまいかねません。
浮気をされたあなたが被害者ですし、相手は社会のこともろくに知らない小娘。
冷静になって物事を見れば、有利な方法が見つかるはずです。

夫に対しても同様です。
強い口調で問い詰めていところ、ケンカで言い合いになっているところをご近所さんに聞かれてしまうと、あることないことを噂されてしまうおそれもあります。
夫の弱みを握ったと考え、今後の夫婦関係で優位に立てるカードとして持っていてはいかがでしょうか?

まとめ

おじさんと若い女の不倫は、一時的な好奇心も多いもの。
感情的になって行動すると、あなたが損をすることもあります。
離婚をせずに夫とやり直すなら、冷静になって不倫相手への慰謝料請求などを行い、夫との関係の再構築に努めましょう。

慰謝料を請求するために浮気の証拠を掴みたい人は、探偵さがしのタントくんまでお気軽にご相談ください。
→探偵さがしのタントくんの無料相談を利用する

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、16時7分 お電話受付中!

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。