【愛人・パパ活】夫が不倫!しかも相手にお金を支払っていたら…

浮気調査で夫の不倫がわかった際に、「デートやホテルに行くたびに女にお金を払っていた」とわかることがあります。
いわゆる、愛人やパパ活、大人の関係などです。
「お金で肉体関係を持っても不倫になる?」、「夫が支払ったお金は取り戻せる?」、「女から手切れ金を請求されることはある?」など、その後の夫婦関係や慰謝料請求で気になることを整理していきましょう。

お金を支払っての交際も不倫になる?

慰謝料請求をする点では、肉体関係が不倫のボーダーラインになります。
夫が不倫相手にお金を支払っていた場合も支払っていない場合も違いはありません。
不倫の証拠をつかむことができれば、相手の女や、離婚する場合は夫に慰謝料請求できます。

パパ活には、肉体関係はなく、ご食事やデートだけというケースもあります。
これだと、不倫とは認められず、相手の女性に慰謝料を請求できないことが多いようです。

もちろん、証拠があれば夫を追求して女と会うのを辞めさせることはできるでしょう。
夫から奥さまやご家族へ、旅行やプレゼントぐらいは要求してもいいかもしれません。

お金を使っていたのが風俗だったら

パパ活や愛人ではなく、風俗通いだったというケースもあります。
この場合、風俗店に通っていたことを不倫として、夫や相手の風俗嬢に対して慰謝料請求するのは難しいようです。

ただし、風俗嬢と店外で個人的に会い、継続的に肉体関係があったとしたら話は別。
不倫の慰謝料を相手女性に請求できることがあります。
キャバクラのアフターでホテルに行っていた時も同じです。

パパ活の相手、愛人へ慰謝料請求する際に

不倫相手への慰謝料請求のポイントはいろいろとありますが、ここでは、夫が不倫相手にお金を支払っていた場合に限定し、夫と不倫相手の心理、慰謝料請求のポイントを整理していきます。

不倫相手に夫への愛情はない

不倫関係であれば、お互いに好意を抱いていたり、「奥さまから夫を奪いたい」といった気持ちが相手女性にあったりします。
ただし、お金やプレゼントで繋がっている関係だと、「夫のことが好き」という不倫相手は少なく、「何時間、相手にすればお金をくれる人」と思われていることもあります。

不倫相手にはそう行ったパパが何人もいて、夫はそのうちのひとりなのかもしれません。
このような女の場合、不倫が発覚して困るのは、夫との関係が終わることよりも慰謝料を支払うこと。

慰謝料の支払いを拒否しようと、いろいろと言ってくることが考えられます。
パパ活をしている中にはお金への執着が強い女性も多いです。

夫は勘違い?それとも割り切っている?

いっぽうの夫は、不倫相手と同じように割り切った関係と思って交際している場合もあれば、相手の気持ちを理解しておらず、女性が自分に好意を抱いていると勘違いしていることもあります。

割り切った関係だと理解している場合、不倫相手はひとりではなく複数いるかもしれません。

勘違いしている場合、夫とすぐに離婚をしないなら注意が必要です。
夫が不倫相手に本気になり、「離婚したい」と言いだす可能性がありますので、早く証拠をつかんで別れさせたほうが良いでしょう。
また、慰謝料請求の前に、夫に現実を理解させることも大切です。

積極的だったのは夫だから慰謝料が低くなる?

夫からしてみれば、不倫相手はお金を支払ってでも関係を持ちたい相手です。
そのため、夫のほうが不倫に積極的だったと考えられます。

これが慰謝料の金額に影響してきます。
不倫の主導者(積極的だった人)が夫と判断されると、慰謝料の金額が相場よりも低くなってしまいやすいようです。

支払ったお金やプレゼントの代金も請求できる??

夫が不倫相手に使った総額が数十万円から数百万円になることもあります。
本来であれば家族のために使われていたお金がその中に含まれているはずで、慰謝料請求でそのお金も取り返したいと考えるのは当然のことです。

しかし、夫が不倫相手に使ったお金を取り返すことは難しいと言われています。
お金を使ったのは夫で、不倫相手が奥さまからお金を奪った訳ではないからです。

また、プレゼントやお金は、夫が不倫相手に贈与したもので、これは取り返すことができないと法律で決まっています。
ただし、使った全額を取り戻せなくても、夫が支払った金額を考慮して、慰謝料の金額がいくらか上乗せされることがあるようです。
慰謝料請求の際に弁護士に相談をして詳しく確認してみてください。

不倫相手から手切れ金を要求されることはある?

関係を解消する際に、不倫相手が手切れ金を要求することがあります。
「不倫していたことを黙っておく代わりに」という名目で請求されることもあるようです。

手切れ金は、不倫が発覚する前に夫に対して請求される可能性があるものなので、奥さまが不倫相手に慰謝料請求をした際に、逆上して手切れ金を請求することはあまりないでしょう。

仮に、奥さまが「夫の不倫を周りに知られず解決したい」と思っていることを不倫相手が見抜いて、「夫の不倫をバラされたくないのなら、むしろそっちがお金を払え」と言ってきたとしても、支払う必要はないでしょう。
慰謝料を請求しているのはこっちですからね。

ただし、夫の不倫に気付きながら放置していると、夫と不倫相手が別れることになって手切れ金を請求され、支払ってしまう可能性もあります。
そうならないためにも、夫の不倫を疑ったら、早めに証拠をつかんで奥さまから不倫相手に慰謝料請求をしたほうがいいでしょう。

まとめ

パパ活、愛人も不倫であることに違いはありません。ホテルに出入りする瞬間などの証拠をつかんで慰謝料請求し、これからの家族のことを考えていきましょう。
探偵への浮気調査をお考えの方は、探偵さがしのタントくんまでお気軽にご相談くださいね。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、20時56分 お電話受付中!

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。