【浮気調査】探偵に依頼して証拠写真・映像を入手したほうがいい理由

パートナーの浮気を疑っている(すでにクロだとわかっている)人は、浮気の証拠を手に入れましょう。
あなたが証拠を持っていれば、浮気相手への慰謝料請求、離婚の話し合いや裁判を優位に進めることができます。

証拠は探偵に浮気調査を依頼して入手するのが断然おすすめ。探偵で入手できる証拠写真・映像と、その他の証拠には決定的な違いがあると言われています。
探偵の証拠がなぜ重要なのか、その理由を確認していきましょう。

証拠があると慰謝料請求・離婚で優位に!

まずは、浮気の証拠が大切な理由をお伝えします。

怒り、悲しみ、悔しさ…、浮気を疑い(発覚し)、あなたはどのような感情を抱きましたか?
パートナーや浮気相手を「許せない!」と思ったことでしょう。

浮気をこのままにしてしまうと、この苦しい思いが続いてしまいます。
パートナーの浮気という悩みを解決するために、あなたが行動することから始まります。
話し合いや慰謝料請求をするために、浮気の証拠を手に入れましょう。

夫婦でやり直す場合も離婚をする場合も、大切なのは「あなたが希望する条件であなたが好きなほうを選べること」です。
浮気の決定的な証拠があれば、あなたの希望が認められやすくなります。

復縁を希望される場合、慰謝料請求でパートナーと浮気相手を別れさせ、これからの夫婦関係をじっくりと考えることができます。
離婚を選択する場合、証拠があるとあなたに有利な条件で離婚をすることにつながります。

証拠がないと浮気を否定されるなど、上手くいかないことがほとんど。
証拠があるからこそ、あなたが主導権を握って今後のことを考えられるのです。

なお、パートナーと浮気相手が別れるのを待つのは望ましくありません。
待っているだけだと、パートナーとの溝が深くなる、浮気相手との関係が発展してしまい、自分に不利な条件で離婚することになる、などより深刻な状況になってしまうおそれがあります。

必要な証拠は、LINEや自白よりも写真や映像

ここから、探偵を使って浮気の証拠を入手したほうがいい理由を確認していきましょう。

探偵に依頼すると、パートナーと浮気相手がホテルや相手の家などに出入りする瞬間の証拠写真・映像を入手することができます。
これは、言い逃れができない浮気の決定的な証拠です。

LINEなど、メッセージのやりとりが浮気の証拠になることもありますが、証拠写真や映像に比べて証拠能力が弱いと言われています。
その理由は、メッセージのやりとりは「悪ふざけで送っただけ」と主張することができるからです。
「そんなふざけた言い訳は通用しないでしょ」と思うかもしれませんが、裁判でこのように主張され、他に証拠がなかったら、この主張が認められてしまう可能性もあります。

自白も同様です。
浮気を認めた音声を録音しておいても、裁判などで「言わされた」と主張され、それが認められてしまう可能性があります。
メッセージや自白は逃げ道があるので、証拠として弱いと言われているのです。

自分に有利な内容で慰謝料請求や離婚をするには、このような言い逃れができない証拠を持っておくことが大事。
ホテルなどに出入りする瞬間の証拠写真や映像があれば、言い逃れは難しくなるでしょう。

さらに、念には念を入れるため、探偵の浮気調査では、ホテルや相手の家などに出入りする瞬間の写真や映像を複数回押さえることが多いです。
1度だと「たまたま具合が悪くなって体を休めるために仕方なく入った」といった言い逃れが通用するおそれがあるからです。
でも、そのような状況が2度3度続くことは考えられません。

絶対に言い逃れできないように複数回分の証拠を押さえておくのです。
なお、肉体関係の最中の写真や映像があれば強力な証拠になりますが、これを撮影するのは現実的ではありませんし、(自宅の共有スペース以外の)室内に隠しカメラを仕掛けての撮影は違法行為(盗撮)と主張され、証拠として認められない可能性もありますのでお気をつけください。

自分や知人が浮気調査をするのはキケン

「証拠写真や映像は自分たちでも撮れそう」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、浮気調査はそんなに簡単なものではありません。
まず、自分で証拠を撮影するのは難しいでしょう。

たとえば、あなたが街中で買い物などをしている時、家族がいたら遠目でも気づきませんか?
「遠くにいてもシルエットでわかる」、「見覚えのある洋服で気がつく」など、毎日顔を合わせている家族は、他人に比べて見つけやすいのは明らかです。
しかも、浮気をしているパートナーは「知り合いには見られないように」と敏感になっていますので、なおさら見つかってしまう可能性が高いでしょう。

また、「パートナーと面識のない知人に依頼すればいいのでは」という声を聞くこともあります。
しかし、プロである探偵の尾行と素人の尾行は違います。

素人では距離をとると街中で見失ってしまい、近づくと怪しまれてしまうリスクが大きいです。
一度気づかれてしまうとパートナーや浮気相手は警戒心を強めますので、後から探偵に浮気調査を依頼しても証拠を手に入れるのが難しくなります。

さらに、ホテルや浮気相手の家の前での長時間のはり込みは、第三者から見れば不審な行為です。
近隣の人が警察に通報し、知人に大きな迷惑がかかることも考えられます。

このように、自分たちで尾行することはさまざまなリスクがあり、証拠を入手できずに終わる可能性があるのでおすすめできません。

探偵の調査費用が高くて悩んでいるなら

「探偵に依頼するお金がない」という方もいらっしゃいます。
探偵の浮気調査にかかる金額は、調査内容やご事情で大きく変わりますが、高いと感じる方も多いかもしれません。
ただし、金額だけで浮気調査の依頼をあきらめるのはもったいないです。

浮気調査の費用は後で取り返せる可能性があります。
浮気相手に慰謝料請求する際に、慰謝料とは別に浮気調査でかかった探偵費用を請求できる可能性があります。
弁護士に依頼して慰謝料請求をする際などに、探偵費用も請求したい旨を話してみましょう。

また、探偵費用を請求できなかった場合でも、証拠を入手した後に慰謝料請求を行えば、経済的な負担を補填できるケースが多いです。

まとめ

浮気をそのままにしておくと、パートナーや浮気相手のいいように事が進んでしまう可能性があります。

それが絶対に嫌なら、探偵に浮気調査を依頼して証拠を手に入れましょう。
証拠写真・映像は、あなたがやり返すための強力な武器で、探偵は武器の入手を手伝ってくれる仲間です。

「どこの探偵に相談すればいいかわからない」、「もっと色々と話を聞いてみたい」という方は、一度、探偵さがしのタントくんまでご相談ください。
ご事情を伺い、あなたにあった探偵をご紹介いたします。
→
お問い合わせはこちら

あなたの状況にぴったりの探偵見つけます

探偵さがしのタントくんが紹介するのは厳選された探偵社のみ

ご相談無料!1人で悩まずにお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、12時36分 お電話受付中!

WEBで相談する

  • 相談無料
  • 日本全国対応
  • 24時間365日
  • 即日対応
  • 匿名OK

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。