【浮気・不倫の証拠】慰謝料請求や離婚裁判で有利になる証拠と集める方法

配偶者に浮気・不倫の疑いや確証があるとき、慰謝料請求や離婚手続きといった次の行動に移すために「浮気・不倫の証拠」が必要になってきます。
証拠をつかむメリットや、証拠になるもの・ならないもの、証拠をつかむ方法など「浮気・不倫の証拠」について徹底的に解説します!

浮気・不倫で証拠をつかんでおくメリット

いくら浮気・不倫の事実があったとしても、証拠がなければ解決できません。
浮気・不倫の証拠をつかんでおくことは、今後相手との復縁を願う場合でも、慰謝料請求や離婚手続きを進めるうえでも欠かせないものです。

浮気・不倫と不貞行為の違い

浮気や不倫とは、配偶者以外の異性と親密な関係になることです。
一方、不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。
慰謝料請求にあたっては、「不貞行為の有無」が重要になります

慰謝料を請求するには証拠が必要

不貞行為の有無を話し合った場合、相手に不貞行為の事実を否定されるケースが大半です。
相手に事実を否定されたら、相手の方で〝不貞行為がなかったこと″の証明をして欲しいと思うところですが、「事実がなかったこと」の証明は難しいことから、慰謝料を請求する立場の人(つまり被害者側)が「事実があったこと」を証明する必要があるのです。
よって、慰謝料請求が認められるためには、不貞行為があったことの証拠が必要です。

さらに、一度は不貞行為があったことを認めていたにもかかわらず、裁判になると急に主張を覆してくるケースもあります。そのような場合、証拠がないと慰謝料請求ができなくなってしまう可能性も。浮気・不倫の証拠は慰謝料請求をするうえで欠かせません。

慰謝料請求を行う際に“有利”と判断される証拠

証拠の種類はさまざまありますが、その中でも有力なものとそうではないものがあります。

最も確実な証拠は「性行為の動画や写真」

性行為の場面を写した動画や写真は、不貞行為の証明そのものであり、証拠として決定打となります。とはいえ、これらを撮影することはかなり難しいです。実際に不貞行為の証拠としてよく使用されているのは、「2人でラブホテルへ出入りしている写真」になります。
ラブホテルという場所は、男女が体の関係を持つためにある施設であるため、不貞行為を推定させる有利な証拠となります

浮気・不倫の証拠になるもの一覧

有利と判断されやすい証拠は例えば次のようなものが挙げられます。

<メール、ブログ、SNS(LINE・Facebookなど) >
メールやSNS(DM含む)上で、肉体関係があったことが推測できるやり取りが継続的にある場合、証拠として使える可能性が高いです。
また、SNSやブログに投稿されているツーショット写真も、撮影日時や場所が明らかであれば証拠として使えることがあります。

<写真・動画 >
浮気・不倫旅行の時の写真や、自宅や宿泊施設で一夜を過ごした際の写真・動画などは、証拠として認められる場合が多いです。

<浮気・不倫を自白した録音 >
夫婦間や、配偶者と不倫相手の会話(電話も可)の「不貞行為があったことがわかる発言」を録音したものも証拠として認められることが多いです。

<電話の通話記録・通話履歴 >
継続的に電話をしていたことが分かる通話記録や履歴も証拠となる場合があります。

<手紙、手帳、日記、メモ>
不倫があった日や場所などが詳細に、継続的に記録されている手帳や日記などは証拠として認められるケースがあります。

<領収書、クレジットカードの利用明細>
宿泊施設の利用が分かるものは、継続して集めておくことで不倫関係が続いていることを証明できます。

<Suica、PASMOなど交通系ICカードの利用履歴>
交通系ICカードは、券売機で履歴の確認や印字ができます。ホテル街の近くの駅や不倫相手の自宅のある駅での降車記録が頻繁にある場合には不倫を推測できることがあります。また、出張と言って外泊があった日に近場の駅での移動履歴が残っていた場合には、相手のアリバイを覆すのに使える可能性があります。

<GPS記録>
宿泊施設や不倫相手の家に行った際のGPS記録が証拠になるケースもあります。

<妊娠、堕胎を証明できるもの>
妻が不倫をした場合、妊娠や堕胎した事実を証明できれば、証拠となるケースがあります。ただし、裁判の請求でなければ病院が情報を開示してくれない場合があります。

<子の血液型>
長期にわたる不倫で、妻が出産した子どもの血液型が、親の血液型からしてあり得ないものである場合、さらに不倫相手の血液型と一致する場合には、血液型が証拠になるケースがあります。

注意が必要な浮気・不倫の証拠

一方、感覚的には証拠として認められそうなものでも、実際には認められないものもあります。

不貞行為を確認できないもの、改ざんできるものは証拠になりづらい

ビジネスホテルに出入りする写真は、ラブホテルの場合とは違い、それだけでは証拠として弱いものとなってしまいます。
ビジネスホテルの場合、打ち合わせのために利用したなど他に口実が作れてしまうため、2人きりで同じ部屋に入ったことまでを確認できなければ、有利な証拠として認められません。

浮気・不倫の証拠にならないもの一覧

  • 異性といつも出かけているという事実
  • 違法に集めたもの(盗聴、盗撮、盗み見)
  • 風俗店のレシートや風俗嬢の名刺

浮気・不倫の証拠写真をつかむ方法

浮気の証拠写真をつかむ方法としては、自分で入手する方法と探偵に依頼し入手してもらう方法があります

自分で集める方法

  • SNSや通話履歴のチェック
  • 尾行や張り込み
  • GPSの設定

など、ある程度までは自分で証拠を集めることが可能です。
しかし、経験のない素人がいきなり調査を行うのは、あまりおすすめできません。

<自分で証拠をつかもうとするのは危険!>
自分で証拠を集めるのは、物理的には可能ですが、リスクが伴います。
顔や体つきや服装などで尾行に気づかれてしまったり、待ち伏せなどして鉢合わせしてしまったら、浮気調査をしていることを相手に知られてしまいます。
相手は証拠などを残さないようにとより慎重になって、かえって証拠をつかみづらくなるかもしれません。
また、浮気相手との関係を清算して、事実をなかったことにされてしまうかもしれません。
あなたが相手の言動の変化に気づいたように、同居している配偶者だからこそ、相手の変化や行動には気づきやすいのです。

探偵に依頼して集める

ご自身での証拠集めは、トラブルになってしまうリスクを伴ううえに、正しい方法を知っていなければ、証拠をつかむまでに時間もかかり、知らずと違法な方法で証拠を集めてしまっていたということになりかねません。
そこで、多くの方は不倫・浮気の証拠集めのプロである探偵に依頼しています

<探偵に依頼するメリット>
1.浮気の決定的な証拠を入手し、真実がわかる
探偵に調査を依頼すれば、プロならではの調査や機材を使って高い確率で証拠が押さえられます。

2.調査結果は示談交渉や裁判で役立つ
自分で証拠を集めてみたものの、証拠として認められず、裁判などでは役に立たないケースはよくあります。その道のプロである探偵に依頼して手に入れた証拠があれば、慰謝料の交渉や裁判を有利に進めることができます。

3.夫(妻)にバレる可能性が低い
浮気の調査をしていることが一度でもバレてしまえば、証拠が手に入りづらくなったり、逆に配偶者に訴えられたりすることも。調査のプロであり配偶者と面識のない探偵なら、バレずに証拠を押さえやすいのです。

4.探偵事務所のアフターサービスを受けられる
探偵に調査を依頼すると、調査後に、夫婦関係を回復するコツや示談交渉・裁判の進め方などについて方法を教えてくれたり、傷ついた相談者さんをケアするカウンセリングや、男女問題に強い弁護士と提携したサポートなどが受けられます。

探偵に頼んだ場合の調査費用・費用対効果

調査をすべてお任せできて、メリットいっぱいの探偵への依頼ですが、実際に調査を頼んだ場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

調査費用の相場

費用は、案件や依頼する探偵によっても大きく異なるので、無料相談を通じて自分のケースはいくらかかるのか尋ねてみましょう。

調査費用は慰謝料より高額になる?

相談案件の内容によっては、結果として、調査費用が慰謝料を上回る場合も全くないわけではありません。しかし、浮気・不倫の証拠をつかむことは、慰謝料を請求することだけではなく、今後相手との復縁を願う場合でも、離婚手続きを進める上でも必要になります。
調査をすることで、現状を打破し、次のステップに進むことができます。

悪質な業者もいるので注意

探偵事務所は数多くありますが、中には悪質な業者もあります。きちんと調査をしてくれなかったり、高額な費用を請求されるトラブルも起きています。(※タントくんでは、厳しい審査基準をクリアした実力のある探偵事務所をご紹介していますのでご安心ください)

きちんと調査をしない

  • 依頼した内容と報告内容が全く違う
  • 調査を実施していないのに、現地の写真や別人の後ろ姿の写真などを提示し、実施したという適当な報告をする
  • 嘘をついて調査の失敗を隠す

など、調査の内容が不十分なケースが多くあります。

高額の費用がかかる

  • ホームページに料金の記載が一切なく、後から追加費用をどんどん請求される
  • 簡単な方法で証拠がつかめると分かっているにも関わらず、難易度が高いと思わせて高額な料金を請求してくる

など、漠然とした料金体系の業者には要注意です。

タントくんのメリット

詳しくない方でも安心!信頼と実績のある探偵に依頼するには、「探偵さがしのタントくん」を活用しましょう。メディア紹介実績のある探偵事務所や、弁護士から依頼を受けている探偵事務所とも提携しています。
タントくんで探偵を探すメリットをご紹介します。

1.あなたにピッタリな探偵事務所を仲介手数料無料でご紹介

調査費用をなるべく抑えたい、探偵事務所の評判を重視、復縁、離婚、慰謝料請求を考えているなど、ご相談者さまのご希望を考慮して探偵事務所をお選びしています。

2.仮名OK! 探偵事務所に個人情報を伝える前に何度でも相談無料

ご相談者さまからお聞きしたプライベートなお悩みの内容、個人情報の守秘義務を徹底しています。探偵事務所をご紹介する前に、ご相談者さまの情報を探偵事務所に伝えることは一切ありません。
タントくんのオペレーターは、探偵事務所の調査のこと、ご相談者さまのお悩みを聞くプロフェッショナル。お電話でのご相談でしたら、インターネット上で調べてもわからないなどの不明点を、ご納得いただけるまでご説明いたします。

3.審査基準クリアした提携探偵事務所を厳選

探偵さがしのタントくんでは、独自の厳格な審査基準を設けています。探偵事務所と提携する際に、その基準を十分に満たした探偵事務所のみと提携しています。
例えば、

  • 探偵業届出証明書を取得していること
  • 必ず事務所を構えていること
  • 調査方法やお見積もりの説明を徹底していること
  • 調査費用が適正な価格設定であること

などの基準をクリアしている探偵事務所を選りすぐってご紹介しています。

4.タントくんのオペレーターはあなたの味方

タントくんは、夫婦カウンセラーの資格を持った相談員が在籍しているため安心してご相談いただけます。
探偵事務所をご紹介したあとも、調査についてわからないことが出てきた場合はいつでもご相談ください。何かと不安のつきまとう探偵事務所への調査依頼だからこそ、不明点をひとつひとつクリアにして、調査を進めていけるようにサポートいたします。

5.タントくんの仲介サービス

探偵事務所に直接言いにくいことや、聞きにくいことがある場合、タントくんがご相談者さまと提携探偵事務所の間に入って仲介いたします。
また、相談員に女性を希望する場合も、タントくんのオペレーターにその旨をお伝えください。万が一、ご紹介した探偵事務所と相性が合わないときは、他の提携探偵事務所をご紹介することが可能です。

6.探偵事務所にタントくんが価格交渉をお手伝い

調査費用の価格交渉もお手伝いいたします。たとえば、限られた予算中での調査をご希望の場合、ご相談者さまに代わって探偵事務所と調査費用の交渉をいたします。
また、可能なお支払い方法は、クレジットカード(一括・分割払い)、前払いか後払いなど探偵事務所によってさまざまです。まずは、タントくんにご相談ください。

7.専門家のご紹介も可能

たとえば…浮気調査をすると決めたはいいけど、調査後、復縁するか、離婚するべきかどうしたらいいのか迷っているご依頼者さまには、夫婦カウンセラーが在籍している探偵事務所のご紹介も行っております。今後のことを相談しながら調査をしてもらえるため、ムダがありません。
また、ご依頼者さまの希望するご状況によっては、弁護士や司法書士と提携したサポートも対応しています。

まとめ

浮気・不倫の証拠の種類や証拠の集め方についてご紹介しました。
このように、慰謝料請求や離婚手続きを進める場合はもちろん、復縁を目指す場合でも「証拠」がカギとなってきます。

より円滑に・確実に証拠をつかんで次のステップに進むために、探偵に相談してみてはいかがでしょうか?
「いきなり依頼するのは怖い」「どこの事務所が良いか分からない」という方のために探偵さがしのタントくんがあります!
そういったご相談を含め、あなたにぴったりの探偵事務所を無料でご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください!

あなたの状況にぴったりの探偵見つけます

探偵さがしのタントくんが紹介するのは厳選された探偵社のみ

ご相談無料!1人で悩まずにお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、15時56分 お電話受付中!

WEBで相談する

  • 相談無料
  • 日本全国対応
  • 24時間365日
  • 即日対応
  • 匿名OK

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。