夫婦円満は妻の賢い対応次第!?「段階別」夫の浮気対処法

夫の浮気を防止して幸せな家庭生活を続けたいなら、浮気の原因を知り、根本的にその原因を除去することが必要です。そのためには、夫が浮気に傾いているかどうかを知ることが大切です。
夫の浮気について、浮気願望期、実行期、末期の3段階に分けて、その兆候と対処法を考えていきましょう。

浮気願望期

浮気の初期段階である浮気願望期の特徴と対処法について。夫婦関係に何かすれ違いがあったり、仕事で問題があったりという場合が多いです。根本の原因を探ってみましょう。夫婦での会話を増やす、子ども優先になっていることを改める、仕事の大変さを夫が一人で抱えこまないように気に掛ける、などといった対処法が見えてきます。

また、夫が浮気願望を持つような環境にいないかチェックしましょう。もし夫の浮気願望が疑われる場合は、優しい言葉や労っている言葉をこまめにかけ、夫を気遣っていることを伝えて浮気願望の芽が育たないように心がけましょう。

実行期

浮気願望期から実行期に移ってしまった場合、まず夫の行動にいくつか顕著な行動が見られるようになります。会話やスキンシップが極端に減る、飲み会や接待などと言って帰宅が遅いことが増える、携帯電話を肌身離さず持ち歩くなど、さまざまな怪しい行動が見られるようになります。

しかし、この段階では、浮気の継続性がわかりません。ただの気の迷いや遊びの場合は、一過性で終わるかもしれません。夫の浮気願望が弱まるように声をかけたり気にかけたりしながら、夫の怪しい行動が収まるか、継続するか、さらに強まるか動向を探りましょう。

末期

努力して対処を行ってきたとしても、夫の浮気は収まらないことがあるのも現実です。浮気が末期へ進行している場合、まずお金の使い方に慢性的に変化が出ていることでしょう。なぜなら、末期の浮気は継続的に肉体関係が行われている可能性があり、浮気相手への貢物や遊ぶお金欲しさで、預金に手を付けている可能性が高いからです。

預金通帳から一度に大きな金額が引き出されたり、頻繁に小銭が引き出されたりしている場合は、夫婦にとって非常に危機的な状況と言えます。そのような状況が続くとすれば、妻として何かしらの決断が迫られる可能性も高くなるでしょう。専門機関へ相談する可能性を踏まえ、夫のお金の使い方をまめにチェックし、夫の行動からなるべくたくさんの情報を押さえておきましょう。

まとめ

夫の浮気を未然に防いだり浮気の早い段階で対処したりするためには、日頃から、夫の言動に注意を払っておくことが大切です。万が一、夫の浮気が判明してしまった場合、落ち着いた対応をすることは難しいかもしれませんが、以前ご紹介した「やってはいけない!夫の浮気対処法「NG3選」」の記事でもご紹介したように、感情的になることで関係悪化や浮気の証拠が掴めなくなるといった事態を招きかねませんので、あくまで冷静な対応を心がけましょう。

<浮気してるかも・・・、そう思ったら証拠から>
浮気を疑うと、感情的な態度になることもあります。白黒ハッキリつけるには、探偵に浮気調査の依頼を。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

浮気調査をご検討中の方はこちら

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時18分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。