不倫相手から慰謝料を取るための3つの要件!

不倫や浮気は、夫婦の信頼関係を裏切る行為です。
不倫や浮気は1人ではできませんから、自分の夫や妻はもちろん、その不倫相手(浮気相手)にまで怒りが向かってしまうこともあるでしょう。
自分が辛い思い、苦しい思い、悲しい思いをさせられた分も、不倫相手(浮気相手)には慰謝料という形で反省を示してもらいたい!
そう思う方も多いとおもいます。絶対に泣き寝入りだけはしたくないですよね。
そこで今回は、泣き寝入りしないためにも、不倫相手(浮気相手)への慰謝料請求について、慰謝料の相場や請求できる要件などを詳しくご紹介していけたらと思います。

不倫相手から慰謝料の請求するには、3つの証明が必要

慰謝料とは、精神的な苦痛を与えられた人に対して、精神的な苦痛を与えた人が支払わなくてはいけない損害賠償です。
つまり、不倫や浮気をされて受けた精神的な苦痛は、損害賠償の対象になると言えます。
しかし、ここで問題なのはどんな場合でも慰謝料を請求できるわけはないと言うことです。
不倫相手(浮気相手)に慰謝料を請求するには、以下の3つの要件を満たしている事が必要になってきます。

1. 浮気、不倫の事実がある

ただ、「浮気をしているかもしれない」という勘だけでは、慰謝料を請求することはできません。
夫や妻が不倫相手(浮気相手)と肉体関係にあるという不貞行為が存在していることを他人に証明できなくてはいけません
2人で食事したり、一緒に歩いていたりしている様子だけでは決定的な証拠とは言えませんので要注意です。
また、自分で証拠を集める際には、逆にストーカー扱いされたり、疑っていることがわかり証拠を隠されてしまう場合があります。
そうなってしまうと余計な時間やお金がかかるリスクがありますので、確実に証拠を押さえたい場合には探偵などのプロに浮気調査をお願いするのが確実です。

2. 不倫相手(浮気相手)は、あなたの夫や妻を既婚者だと自覚している

不貞行為を成立させるには、故意または過失であることが必須事項です。
故意を立証するには、交際している相手が「既婚者と知りながら不倫をしていると自覚しているかどうかが重要なカギになります。
また、少し注意すれば相手が既婚者だとわかる状況だった場合には過失」があるとして慰謝料請求が可能になります。
例えば、交際相手が結婚指輪をしていたり、泊まりがけでデートをしなかったり、子供の写真を待ち受けにしているなどの場合を指します。

3. 浮気、不倫が直接の原因で婚姻関係が破綻した

「浮気や不倫によって婚姻関係が破綻したこと」も要件の一つです。
婚姻関係が破綻した状態とは、「別居状態が続き、連絡を取らない」、「性行為がほぼなく会話もない」状態を指します。
不倫や浮気前から上記のような婚姻関係の場合、すでに破綻していると思われるために、不倫や浮気が離婚の原因の決定的な理由ではないと判断されてしまいます。
不倫や浮気がいかに二人の婚姻関係に悪影響を与えているのか、日記やブログなどで心境や状況を詳細に書き残しておくことをお勧めします。
※後々、それらを証拠として扱いたい人は、日記やブログの扱いには要注意してください。

不倫相手(浮気相手)へ請求できる慰謝料の相場とは?

不倫相手(浮気相手)が既婚者だと知って不貞行為に及んだ場合は、共同不法行為として連帯責任が発生します。
つまり慰謝料は、不倫相手(浮気相手)だけではなく夫や妻からも発生することになります。
不倫相手(浮気相手)だけに慰謝料請求する場合は、今までの判例では相場の半分ほど30万円~200万円が妥当とされています。

まとめ

不倫相手(浮気相手)をどう懲らしめてやろうかと思う気持ちも理解できます。
しかし、不倫相手(浮気相手)に慰謝料を請求するためには、必要な要件がありいずれも慎重な行動が必要とされています。
咄嗟の思いつきや勢いで行動に出る事は慎むべきと思われます。
何より、慰謝料を請求するためには、不倫や浮気の確実な証拠が必要になるからです。
まずは、信頼できる探偵事務所などに相談をして、今後の対策を立てる事が最善策と言えるでしょう。

あわせて読みたい

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時15分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。