妻の浮気が原因で離婚……。子供の親権はどうなる?

家ではダラダラ、子育てにも非協力的…。そんな夫に愛想が尽きて、浮気に走ってしまった。そのような妻は意外と多いようです。しかし、浮気が発覚して離婚することになった場合、子供の母親でもある妻として、親権がどうなるのかは、最も気になるところではないでしょうか。
今回は、妻の浮気が原因で離婚する場合と、夫の浮気が原因で離婚する場合、それぞれの子供の親権について、ご紹介します。

妻の浮気が理由の離婚でも、親権がはく奪されるとは限らない

「浮気をしたら、当然親としては失格。子供を育てる権利はないのでは?」と思う人は多いのではないでしょうか。しかし、法的には必ずしもそうではないというのが結論です。

なぜ浮気をしたのに親権が奪われないのか。それは、法的には、親権と不貞行為の責任問題は別のこととして扱われるからです。そして、親権を考える際に最も重要視されるのは「子供の利益」、つまり子供が今後、愛情・環境ともに恵まれ、安全に育つことができることです。

よって、夫婦が離婚することになり、子供が両親のどちらか一方についていかなければならないという状況になったとき、親権が得られるかどうかは、子供への愛情や、養育意思の有無、養育環境、養育費・財産などによって、総合的に判断されます。

浮気で不貞行為を働いたとしても、子供が夫より妻の方になついており、子供への愛情が深く、経済的にも環境的にも子供が育つのに申し分ないのであれば、親権は妻が得る可能性が高いでしょう。

浮気した妻が親権を保てないことも!

しかし、不貞行為を働いたかどうかにかかわらず、どのような親であっても、育児放棄や子供への虐待などの問題があれば、当然、親権を保つことはできません。浮気との関係でいえば、「浮気相手との交際にのめりこみすぎて子供を放置していた」などの事実があれば、当然親権は得にくいといえます。これも、親権が子供にとって何が最も重要か、という観点でしか判断されないことが理由です。

よって、「浮気をしても、子供は私のもの」と安心せず、確実に親権を得たいのであれば、子供への日頃の愛情や対応について、よく確認しておく必要があるでしょう。

夫が浮気をした場合、親権は得られる?

では、夫が浮気をしたことが理由で離婚することになったときに、夫が親権を主張した場合どうなるのでしょうか?この場合も、親権については、浮気の事実とは別問題として、夫の子供への愛情が第一に問われます。もし子供が「お父さんについていきたい」という意思を見せれば、夫が親権を得られる可能性があります。

しかし、現実的には妻によほどの愛情の希薄さや虐待などがない限り、夫が親権を得ることはむずかしいと言われています。なぜなら、幼い子供が育つには、母親はどうしても必要な存在だと判断されるからです。

そうとはいえ、夫が親権を獲得できるケースもあります。例えば、すでに夫婦が別居生活を行っており、子供が夫と一緒に住んでいるという場合です。子供がなついている点や、養育環境が整っている点などが有利になるようです。

まとめ

つい浮気心が起きてしまうことは、珍しいことではないのかもしれません。しかし、実際に浮気して、その浮気が原因で離婚することになった場合「子供の将来はどうなるのか」ということも必ず考えておくべきです。
育児放棄や虐待などの過去がなければ、基本的に妻の方が親権を得るのに有利です。しかし、夫側が養育環境を整えるなどして、親権を主張する可能性もないわけではありません。これからも子供と一緒に暮らし、自分の手で育てたいのであれば、子供の幸せを守るために、自分があるべき姿・するべき行動についてじっくり考える必要があるでしょう。

あわせて読みたい

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時14分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。