ホワイトデーで不倫を見破れる!?夫の浮気を暴く6つのチェックポイント

ホワイトデーは、夫の浮気や不倫を見破れるチャンスが多いことをご存知ですか?不倫相手に対して、ひそかにバレンタインのお返しを用意したり、何かしらの行動をする可能性が高いからです。そこで、ホワイトデー直前にチェックすべき「夫の行動」や「浮気を見破るポイント」や「阻止する方法」を紹介します。

ホワイトデーは浮気が発覚しやすい?

恋愛関連の記念日といえば、有名なのはバレンタインデーですが、夫の浮気を疑うあなたが最も注意すべきなのは、実はホワイトデー。もしバレンタインデーに浮気相手からチョコレートなどの贈り物をもらった場合、そのお返し探しはもちろん、ホワイトデー前後にも何かしらの特殊な行動をする可能性が高いからです。

ホワイトデーに夫の浮気を見破るテクニック!ホワイトデーまでの一ヶ月間

ホワイトデーに浮気を見破るというと、どうしても当日にばかり意識が集中してしまいがちですが、実際、バレンタインデーを過ぎてからの一ヶ月間が観察のポイントになります。もし浮気をしていれば、バレンタインデーで浮気相手からもらったチョコレートや贈り物のお返し計画を立て、行動し始める頃だからです。次の4つのテクニックを使いましょう。

1. 買い物行動に注意する

外への買い物に出かけるかどうか見張るのはもちろん、クレジットカードやネットショッピングなどの利用履歴を調べることも有効です。普段とは異なる買い物行動があった場合、浮気の可能性も考えられます。

2. ホワイトデー当日に利用するレストランやホテルの予約

贈り物だけでなく、ホワイトデー当日にレストランでの食事やホテルでの宿泊を入れる可能性があります。もしチェックできるなら、パソコンやスマートフォンで、レストラン・ホテル予約サイトへの閲覧履歴や、クレジットカードなどの支払履歴などが残っていないかを確認しましょう。また、既婚者としてはホワイトデー当日の外泊は避ける可能性も高いので、休日前の宿泊予約など不透明な動きがないかチェックしましょう。

3. 休日や夜に出かけようと約束をする

2月14日から3月14日までの一ヶ月間に、夫をお出かけに誘ったり、家でくつろぐことを勧めたりするなど、夫の予定を埋めるようにしましょう。休日は浮気相手に渡すプレゼントを物色しに行きたいという場合、「ちょっと出かける用事があるから」など断ってくる可能性もあります。どの程度一緒に行動する時間を持てるか予定を確認し、怪しい行動を起こしそうなタイミングを探りましょう。

4. ホワイトデーの贈り物を一緒に選びに行こうと誘う

バレンタインデーに職場から義理チョコを一つでも持ち帰ってきた夫なら、職場の人へのお返しとして、何か一緒に用意しようと持ちかけてみましょう。もし拒んできたら、浮気相手からもらった可能性があります。やはり浮気相手への品は、妻と一緒ではなく、自分一人で選びたいはずだからです。

ホワイトデーに夫の浮気を見破るテクニック!ホワイトデー当日

そしていよいよホワイトデー当日。夫は、浮気相手に対してお返しの贈り物をあげる可能性が高い日です。当日のチェックポイントを見てみましょう。

1. 「今日は飲み会がある」「今日は残業で遅くなる」という発言はないか

ホワイトデー当日やその前後の日に、飲み会や残業、出張などの用事があると告げてきたら、浮気の可能性が高いでしょう。出張で宿泊を伴う場合、浮気相手と泊まり込む可能性も。あまりにも不審な場合は、浮気調査も検討してみましょう。

2. ホワイトデー当日の買い物・レストラン・ホテル利用履歴をチェック

浮気相手と会う確率がかなり高いホワイトデー当日は、やはり、お金の動きについても注意しましょう。買い物やレストラン、ホテルなどの領収書やクレジットカードの利用履歴など、チェックポイントは豊富です。

まとめ

バレンタインデー後からホワイトデーまでの一ヶ月間は、浮気や不倫の具体的な行動が起こりやすいタイミング。浮気を疑っていることが本人にばれてしまうと、相手が慎重に行動するようになり、かえって証拠をつかみづらくなるリスクがあります。確実に証拠をつかみたい人は、専門機関に相談するのが確実です。すでに浮気を疑っている人は、探偵探しのタントくんに一度相談してみては?

<まさか・・・と思ったらまず証拠>
浮気の証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

あわせて読みたい

浮気調査をご検討中の方はこちら

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時24分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。