浮気相手を遠ざける!ホワイトデーのお返しのプレゼントは、夫と一緒に選ぼう

バレンタインデーに、夫が職場でもらって帰ってきたチョコレート。明らかに「義理チョコ」というものから、「本命チョコ」と疑わしいものまで、色々とあるのでは?いずれにしても、バレンタインデーにチョコレートをもらえば、来月のホワイトデーには何かお返しを考える必要があります。そんなとき、もしそこに「本命チョコ」が交じっていたら、妻であるあなたが積極的にホワイトデーのお返しを考えることが、浮気・不倫撃退に効果的。
そんな浮気相手を遠ざけるためのホワイトデーのプレゼント選びのコツをご紹介します。

ホワイトデーのプレゼント選びは、妻の腕の見せ所!

バレンタインデーの夫がもらって帰ってきたチョコレートの中に、「本命チョコ」らしきものが潜んでいるのを発見したあなた。心配で仕方がなくなりますよね。けれど、もしこれまでに、夫に浮気の兆候があれば、確証を得る絶好のチャンス。それとなく、誰からもらったのかを尋ねるなどしてみましょう。
もし、「浮気相手」と勘付いたら、そこはあなたの腕の見せ所です。自分からホワイトデーのお返し選びを申し出て、「妻」の存在をアピールする気の利いたものを選び、浮気相手を撃退しましょう!

浮気相手を撃退するためのプレゼント選びのコツ

もし自分の夫に気のある女性の影が見えてきたら、まずは夫に「一緒にホワイトデーのプレゼントを選ぼう」と持ちかけてみます。特にやましいことがなければ、夫は一緒に選ぶことを拒むことはないはず。浮気相手を撃退し、妻の存在をアピールしつつ、夫婦円満をしっかりと示すためのプレゼント選びには、次のようなコツがあります。

「義理チョコ」としてお返しをする

いかにも「本命チョコ」のようなプレゼントがあっても、その相手に「義理チョコ」と解釈して受け取ったと思われるよう、「義理チョコ」へのお返しにふさわしいお返しを用意する方法があります。
「義理チョコ」へのお返しといえば、予算はおよそ3000円以下で、手軽なクッキーやチョコ、キャンディー、ドーナツなどのスイーツや、紅茶・ハーブティーなどが定番。また、ちょっとこじゃれたボールペンやノートなどの文房具などもいいでしょう。
反対に、「本命チョコ」のお返しと思われるような、高級スイーツやブランドももののコスメなどは避けましょう。特に口紅などは、一般的に親しい女性に対して贈られるものなので、避けるようにしましょう。ポイントは、夫に「本命チョコ」を贈ってきたと思わしき相手に対して、毅然とした態度を見せ、期待させないことです。

ダサいと思われないプレゼントを用意する

もちろん、「義理チョコ」として返すからといって、手を抜いて適当なものを選んでしまうと、もらった相手は「これ、奥さんが選んだのかしら?」と見抜かれたとき、妻として軽んじられてしまうこともあるので注意しましょう。もし浮気相手であれば、撃退するために、センスが良く気の利いた妻の存在をアピールすることが大切です。そして「奥さんと一緒に選んだ」ことが相手に伝われば、自ずと「夫婦円満」のアピールにもなります。

相手へのメッセージを妻である自分が書く

夫婦円満をもっとハッキリと示すためには、夫と連盟でプレゼントを返すという方法もあります。例えば、あなた自身が、「旦那がいつもお世話になっています。一緒においしくいただきました。」などと書いたメッセージカードを添えるのもいいでしょう。浮気相手、もしくはその候補であれば、効き目はありますし、そうでなかったとしても、もらった相手には感謝の気持ちが伝わります。

まとめ

「義理チョコ」、「本命チョコ」問わず、バレンタインデーに夫がもらってきたチョコレートなどのプレゼントに対するお返しは、妻であるあなたが先陣を切って選ぶことがポイント。気の利いた妻の存在と夫婦円満をアピールすることで、浮気相手の撃退につながるでしょう。

<まさか・・・と思ったら探偵へ>
浮気しているか、不安で仕方ない、どうしても真実を知りたい、そう思ったら、調査のプロである探偵までご相談ください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

あわせて読みたい

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時4分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。