【恐怖の公開Xデー】出稼ぎ中の夫が不倫関係に…。妻がとった驚きの行動とは!?

日本には「出稼ぎをしないと生活が成り立たない」という地域・地方が存在します。その大役を担うお父さんは、遠く離れた住み慣れない土地で働かなくてはなりません。それでもほとんどのお父さんは「家族のために」と頑張っているのですが、あろうことか不倫に走ってしまうお父さんもいるようです。そうしたとき、家族からすれば「帰りを待つより離婚したい」と考えてしまう人もいるでしょう。まさに今回の事例そのものですが、そのとき妻のとった大胆な行動は「恐怖」とも呼べるものでした。

出稼ぎ中の夫が不倫!

お互い30代前半のYさん夫婦は、豪雪地帯で暮らしているため、冬場に夫が出稼ぎをして生計を立てる、という生活スタイル。結婚して以来、もう10年近くそのスタイルを続けているそうですが、今年はいつもと違った様子。以前は出稼ぎ中でも、1日1回の電話のやりとりが日常で、それも必ず夫から電話をかけていたそうです。しかし、今年は夫からの連絡が3日に1回、そして1週間に1回と減少。異変を感じた妻は、夫に対する不信感から、探偵に素行調査を依頼しました。その数日後、探偵事務所からの電話を受けた妻は、信じがたい調査結果を耳にしてしまいます。「ご主人の不倫が発覚しました…」。

そのとき妻がとった驚きの行動とは!?

Yさん宅の正月といえば、夫が出稼ぎから戻ってくることもあり、夫側の親族を中心に一同総出でお祝いをするのが習わし。ただ、今年の正月は、妻側の両親も同席したそうです。異例ともいえるケースですが、妻の計画はその時点からはじまっていたのです。とはいえ、まだその時点では、妻以外に夫の不倫を知る者はいません。当然、正月のお祝いは夫の帰りを囲む席となり、盛り上がっていたそうです。そうしたなか、妻はおもむろに一同の前で立ち上がると「ちょっとみんなに見せたいものがある…」と説明し、ある映像を流しはじめたのです。

夫の不倫映像を一同に公開

親族一同が困惑した様子で映像を見つめるなか、夫だけその場を離れようと立ち上がります。すかさず妻は「どこ行くの?」と、その動きを止めたそうです。夫は、見る見るうちに動揺していき、同時に親族一同も騒然としはじめます。それでも妻は冷静に「座りなさいよ」と一言だけ放つと、夫もそれに従ったのだとか。やがて夫の不倫映像も終わると、画面には撮影者と思われる人物が写り「妻からの依頼で撮影していること、夫のアパートを撮影していること、アパートに出入りする女性と夫が不倫関係にあること」などを説明したそうです。お祝いの席が、打って変わって静まり返る一同。それでも妻の怒りは収まりません。今度は離婚届をテーブルに広げ「法的な話をしましょう」と切り出し、さらなる追い打ちをかけることに。逃れられない証拠も去ることながら、一同に不倫映像までも公開された夫は、意気消沈どころか顔面蒼白で、もはや失神寸前だったとのこと。

まとめ

今回挙げた事例のように、夫に対して離婚を徹底的に詰め寄ることができたのは、証拠を持っていたことが大きいでしょう。不倫関係にあるとき、男女密会の場面を撮影したビデオは、法的に有利な証拠となります。その際、探偵に依頼することで、映像の信憑性を証明する書類はもちろん、複数回の撮影、人物を特定できる撮影方法(顔をアップで撮影するなど)といった、法廷上で必要となる証拠がそろえられます。不倫や浮気に不安を抱えている状況では、まず探偵事務所に相談することが、問題解決の近道といえます。

<探偵へ浮気調査をご検討の方>
浮気調査は信頼のおける探偵へ。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時13分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。