浮気調査で、浮気の証拠として成り立つものとは?

夫や妻の浮気や不倫を理由に離婚を考えている場合に考えることは、いかに自分の有利な条件で慰謝料などを取れるかだと思います。
浮気や不倫を理由に慰謝料を取る場合、話をする上で浮気や不倫の証拠を確実に入手しておきたいもの。
しかし、一般的に浮気の証拠になるものと思われているものの中には、実際は証拠として使えないものがあるので注意が必要です。
夫や妻の浮気の証拠になると思っていざ挑んでも、自分で集めた証拠が実は離婚の時には正式な証拠として使えたなかったなどという事態を避けるためにも、探偵などの調査のプロに浮気調査を頼んで有利な証拠を掴みましょう!
そこで!事前知識として浮気調査から見れる、実際に使える証拠について理解していきましょう。

浮気調査からわかる浮気の証拠になるものの定義とは

では実際に、浮気の証拠になるものの定義とは?なんでしょうか。
浮気調査を得意とする探偵社にうかがったところ具体的に以下の2つが挙げられるそうです。

1. 夫や妻が浮気相手と、実際に肉体関係があったかどうかがわかる証拠

夫や妻が浮気相手と実際に肉体関係があったかどうか、その証明として証拠になり得るものは以下が代表的だと挙げられます。
まず、肉体関係の有無を証明するには、夫や妻が浮気相手とラブホテルに一緒に入るシーンを抑えることです。
抑えると言っても声をかけるのではなく、証拠として成り立つようにラブホテルに一緒に入っていく瞬間を写真やビデオに収める。
それは、ラブホテルは肉体関係を持つ場として一般的に定義されているためです。
また、夫婦同士の会話で夫や妻が浮気の事実(肉体関係)を認める内容を録音したテープや、夫婦同士でのやりとりしたメールで事実(肉体関係)を含んだ内容も証拠となりえます。

2. 浮気相手が夫や妻を既婚者だと知っていたのかどうか?が、証明できるもの

浮気相手が、夫や妻を既婚者と知っていたと証明できる判断材料として、過去に浮気相手が自分の結婚式に出席していた事実や、浮気相手からの「奥さん(旦那さん)にバレないかな?」といった内容を含むメールなど、明らかに夫や妻の存在を知っていると判断できることが証拠になりえます。

要注意!浮気の証拠として使えないもの

浮気調査を得意とする探偵社に聞いたところ、「この証拠は浮気確定でしょう!」と自信満々に思うような証拠でも、実際は浮気の証拠としては使えない証拠も多くあります。
では、浮気の証拠にならない証拠とは何でしょうか?ご紹介していきます。

夫や妻が浮気相手とやりとりしていたメール

浮気調査の基本として浮気の証拠になるものは、あくまでも肉体関係があったかどうかが重要になります。肉体関係を実際に証明するものでなくてはなりません。
よって、たとえ不審なメール内容だったりしたとしても、夫や妻に「ふざけていただけ」と言い訳されたら終わりなのです。
ただし、浮気の証拠として成り立つメールもあります。
密会の事実が確認できる内容であったり、その密会後に明らかに肉体関係があったと思われる内容がメールに記載されていた場合には、そのメールが証拠になるケースもあります。

ホテルのポイントカードや領収書

夫や妻の財布・鞄などからラブホテルのポイントカードが出てきたり、ホテルや旅館などの不審な領収書が見つかったりした時、誰もが浮気をしていると疑うでしょう。
しかし、これらも浮気の証拠としては使うには難しいと言われています。
これらの証拠はあくまでも、浮気の確証を得る為のきっかけやヒントとして浮気調査に活用していきましょう。

浮気調査での証拠集めの注意点!

インターネットが普及している現在では、尾行や浮気の証拠を掴む方法が数多く調べられます。
自ら、夫や妻の浮気調査をして証拠を掴もうと尾行をして、浮気現場の写真やビデオ撮影をするような探偵顔負けの人もいます。
しかし、プロではないあなたが尾行などを行って気づかれた場合はどうなるでしょうか?
尾行に気づかれたことにより夫婦関係が悪化したり、夫や妻が浮気や不倫を隠すために慎重に行動するようになります。
その結果、浮気の証拠をつかむのが非常に困難になるなど、リスクが伴うことを考えたほうが良いでしょう。
確実に浮気の証拠を掴みたいのであれば、浮気調査のプロに任せて探偵にお願いするほうが確実かもしれません。

まとめ

探偵社に浮気調査を依頼する強みは、自分にリスクがなく使える証拠を押さえてもらえることです。
万が一に、夫や妻の浮気や不倫に関する証拠を押さえられなかったとしても、夫や妻の友人や第三者からの証言を集めるなど蓄積された知識などを駆使して、情報収集をしてもらえるところも探偵社に浮気調査を依頼するメリットになります。
ひとりで悩み頑張ろうとせずに、まずは浮気調査のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時19分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。