既婚女性の浮気が急増中!?会話の中で女性のウソを見抜く方法と、もしもの時の対策とは?

「自分のまわりに不倫している人はいる?」——ある調査では76%の人が「いる」と回答したそうです*。そういえばここ最近、芸能人の不倫スクープが続々と週刊誌を賑わし、既婚女性の不倫をテーマにしたTVドラマも盛り上がっています。そして、この女性の不倫ブーム、残念ながらドラマの中だけではないようです。

*ウートピ世論調査結果より

既婚女性にも出会いは多い! 男性と同じように不倫している!?

男性の皆さん、女性が浮気・不倫をするのはレアケースだと信じこんでいませんか? ある探偵社によると、相談者の男女比はほぼ半々とのこと。また、ある街頭調査では、「これまで浮気・不倫をしたことがありますか?」の問いに、44%の女性が「はい」と回答したそうです(男性は40%)*1。

さらに、別のネットアンケートで全国の30~45歳の既婚男女に調査したところ、既婚女性の20%が「婚外恋愛経験アリ」と回答。既婚男性の24%と大差ない結果となったそうです*2。既婚女性の浮気・不倫は、男性のそれと同程度に、いつ起きても不思議ではありません。

スマホ一台あれば、内緒で出会ったり、連絡を取り合ったりできる時代。昔の同級生とSNSで久々につながり、思春期のようにときめいて、肉体的にもつながってしまう…なんてこともあります。また、結婚後も仕事を続けていれば、職場で異性と触れあう機会も増加。仕事の相談を聞いてもらったり、残業で二人っきりになったり、飲み会で盛り上がったりしているうちに、不倫の恋に発展することも。

一方、専業主婦も、自由な時間を武器に、人生の刺激を求めて浮気や不倫に走ることもあります。いざとなれば女性も経済的に自立できる時代になってきたことが、女性の浮気・不倫を後押ししているのかもしれません。「既婚でも女性として輝いていたい」「自由に人生を楽しみたい」という自己実現の要求が強いほど、刺激やロマンスを求める気持ちは抑えきれないものです。

*1:モデルプレス調べ(渋谷、原宿で男女100人に街頭調査)
*2:SPA!調べ(既婚男女各100人にネットアンケート:2012年10月)

ウソが上手な女性の不貞を見抜くには?

そして、女性は一般的にウソをつくのが上手。一方、男性は奥さんの不貞をあまり疑わない。結果、気づいた時には、奥さんが別の男性との恋の病にとりつかれ、取り返しのつかない状況になることも。浮気が本気になる前に、早期に歯止めをかけることが大切です。

奥さんの浮気や不倫を見破るには、会話中の「目の動き」に注目。通常、男性がウソをつくときは、バレないように目をそらしがちですが、女性は逆のパターンが多いそうです。例えば「最近、女性が不倫するドラマが流行っているんだって?」など、さり気なく聞いてみてはいかがでしょう。普段に比べ、目をそらさず、じっと見つめながら返事をしてきたら、要注意です。

また、「スマホを常に気にしている」「カーナビの履歴を消す」「洋服や下着に気をつかうようになった」などもよくある兆候です。さらに、「一緒に寝なくなった」「セックスレスになった」というサインも。この場合、割り切った不貞ではなく、中高校生の気分になって恋に落ち、「好きだからしょうがない」と周りが見えなくなっている可能性もあるのでやっかいです。

子どもや家庭を守るために、やるべきことは?

家庭を守って、生活を立て直すためには、早期発見で確かな証拠をつかみ、浮気が本気になる前に早期解決することをおすすめします。「不貞行為」が認められる証拠があれば、3年間、浮気していた本人が離婚訴訟を起こせない「有責配偶者」になります。その間に、相手の男性と別れさせ、場合によっては慰謝料を請求し、今後について冷静に話し合うことが重要です。

特に、子どや今後の生活のことなど、大切なことを見失っている奥さんの場合は、3年間の間に、不倫相手との関係を完全に断ち切って、家庭に戻るしかない状況にして、現実と向き合わせることが大事。一時は盲目的になった奥さんも、時間をかけてお互い冷静に話し合いをすれば、再び夫婦円満でやり直すことも可能です。夫婦問題のカウンセリングなどを受けるのも有効でしょう。

一方、どうしても修復不可能で離婚となった場合にも、「不貞行為」が認められる証拠があれば、浮気相手への慰謝料請求や親権などの面で、優位に進めることができます。

LINE画面では不十分!? 「不貞行為」の証拠とは?

「不貞行為」の証拠とは、例えば、ベッドの上の二人の写真など、肉体関係を裏付けるものを指します。LINEやメールでの言葉のやり取りは、状況証拠にしかならないことをご存じない方も多いようです。

ただ、ご自身で「不貞行為」の証拠を得るために追跡などを行うのは、時間をとられ、精神的なダメージも受けることになるので、おすすめではありません。相手に気づかれれば、離婚の引き金を引いたり、証拠隠滅につながったりすることも。浮気調査のノウハウや専用の機材を持っている、探偵社のプロの調査員に相談するのが賢明です。

その際は、浮気調査に実績があり、信頼のおける探偵社を選びたいもの。一定の評価基準をクリアした複数の探偵社の中から、要望に合った探偵社を紹介してくれるWebサイトもあるので、チェックしてみてはいかがでしょう。

一定の評価基準をクリアした信頼できる探偵社を探すには?

例えば、「探偵さがしのタントくん」では、公安委員会に届け出をし、実績のある探偵社の中から、最適な探偵社を紹介してくれます。Webサイトには、信頼できる探偵社の選び方や、実際の浮気調査の実例なども掲載されているので、ぜひ、チェックしてみてください。

また、電話(フリーダイヤル)では、24時間365日、専任のコンシェルジュが何度でも無料で相談にのってくれるので、忙しくて日中に時間を確保しづらい方にもおすすめです。

奥さんの行動があやしいと感じる方は、簡単な質問に答えていくだけでお住まいの場所や要望にぴったりの探偵社を教えてくれる、タントくんの無料診断をまずは試してみませんか?

タントくんでぴったりの探偵を診断(無料)
https://tanteisagashi.com/lp/uwaki_dsp/na3014/

まとめ

女性の浮気・不倫が増えているという事実もショックですが、肝に銘じておくべきは、女性は浮気が本気の恋になりやすいという点。本気になるほどその後の修復が困難になるので、疑わしい場合は早期解決できるよう、早めに探偵社などに相談してみてはいかがでしょうか。

<探偵へ浮気調査をご検討の方>
浮気調査は信頼のおける探偵へ。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

タントくんの無料診断はこちら

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

17時44分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。