あきらめが悪い浮気相手の対処法。慰謝料請求と接触禁止で関係をシャットアウト

夫・妻の浮気が発覚した後に離婚をするか夫婦関係を修復させるか、どちらを選ぶかはあなた次第です。
なかなか気持ちが固まらず、夫・妻の考えも聞いて結論を出したい人は、後悔しないためにとことん話し合いをしてください。
ここで話し合いの邪魔になるのが浮気相手です。
あきらめの悪い浮気相手がいると、夫・妻の本当の気持ちも揺らぎやすくなってしまいます。
ここでは夫・妻も浮気相手と別れたいケース、気持ちが残っているケースに分けて、慰謝料請求を用いた浮気相手にあきらめさせる方法をご説明してきます。

夫・妻は浮気相手と別れたい。でも、浮気相手があきらめない

「夫・妻は不倫関係の解消を約束してくれて、謝罪の言葉も貰った。
もう二度と浮気はしないとも言ってくれている。
まだ決めきれないけど、夫婦で話し合い、離婚しないでやり直すことも考えている」。

このような場合は、浮気相手への慰謝料請求で夫・妻と浮気相手の関係を断ち切りましょう。
ホテルに出入りする写真など浮気の証拠をつかんでいる場合は、弁護士などに相談をしてみましょう。
浮気相手が慰謝料の支払いを認めたら、示談書に「夫・妻とは二度と会わない」といった接触禁止に関する一文を記載します。
これで、浮気相手は夫・妻に二度と接触しないと法的に約束したことになります。
浮気相手が約束を破ったときのために罰則金を請求できるようにしておくと安全です。
自白の音声やメッセージのやり取りだけしかなく、明確な証拠がない場合だと、慰謝料請求は難しいです。
そのときは接触禁止に関する書面だけでも作成するようにしましょう。

夫・妻が優柔不断な場合、浮気相手の度重なるアプローチによって心変わりをし、夫婦関係の修復が困難になってしまいかねません。
別れたい夫・妻としつこい浮気相手の関係を断ち切り、夫婦の今後をじっくり話し合える環境を整えましょう。

夫・妻も浮気相手に未練がある、気持ちが相手に向いている

夫・妻も浮気相手にまだ好意を抱いている場合、離婚と関係の修復のどちらを選ぶか早く判断をすることをおすすめします。
夫・妻の気持ちが完全に浮気相手にいってしまうことや、浮気相手があなたと夫・妻を離婚させようとしてくることが考えられるからです。

相手のペースで離婚へと進んでいくと、慰謝料の金額や離婚の条件があなたに不都合なものになってしまうかもしれません。
すでに浮気の証拠をお持ちなら、まずは慰謝料請求をしましょう。
手元に証拠がない人も、これから証拠を入手することができるかもしれません。

夫・妻と浮気相手はまた会う可能性があります。
そこで、あえて夫・妻を泳がせ、浮気相手と密会できるように仕向けてみてはいかがでしょうか?
あなたに用事があることを事前に伝えておき、2人が会いやすい日を作って探偵に浮気調査をしてもらうのです。
やり直すことも考えたい方にとっては辛いアイデアかもしれませんが、夫・妻の浮気相手への気持ちがどの程度残っているかも確認することもできます。

復縁を望む人は、まず浮気相手に慰謝料請求をしましょう。
離婚を選ぶ場合は、弁護士などを通じて2人に慰謝料請求を行い、財産分与や親権などもあなたの希望で取り決め、新しいスタートを切りましょう。

もし、夫・妻があなたより浮気相手のことを好きになっていたら、まとも話し合いはできないことが多いでしょう。
その際は探偵に依頼して浮気の証拠をつかみ、離婚とともに慰謝料請求を行うのが賢明です。

話し合いではダメ?慰謝料請求が良い理由は?

夫・妻の浮気をおおごとにはしたくない人もいるでしょう。
「夫・妻と浮気相手と3人で話し合えばわかってくれるはず」、「夫婦が復縁した姿を見せつければあきらめてくれるはず」と思うかもしれません。

しかし、口約束や浮気相手の道徳心に頼るのは危険です。
上手くいけばいいですが、浮気相手の夫・妻に対する気持ちがエスカレートする可能性もあります。
愛する気持ちが歪んで、「夫婦仲を壊したい」と思うようになったり、あなたや夫・妻にストーカー行為をしたりする可能性だってあります。

もし、このような状況になり、浮気相手が諦めずつきまとう場合は、警察や弁護士に相談することも検討しましょう。
また、書面を作成するだけでは、実感のない浮気相手もいるかもしれません。
慰謝料というダメージを受けたうえで、接触禁止の取り決めをしておくと「示談内容を破ってはいけない」という気持ちも強くなるでしょう。
慰謝料請求には、自分が行ったことの重大さを浮気相手に実感させるという意味合いもあります。

まとめ

夫・妻と浮気相手の関係を断ち切った後は、もう一度やり直すのか、それとも別れるのか、あなたにとって後悔のない選択をしましょう。
浮気の証拠も、慰謝料請求や離婚の話し合いも、専門家に相談することで良い結果に繋がりやすくなりますので、探偵や弁護士などのサポートを積極的に活用してくださいね。
探偵へ浮気調査をご検討の方には、探偵さがしのタントくんの専門相談員が、あなたの希望に合った探偵をご紹介いたします。
→探偵さがしのタントくんから相談する

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、16時6分 お電話受付中!

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。