再構築すると決めた場合でも『不倫の証拠』が重要なワケ

一生を誓ったはずのパートナーが、不倫をしていると知ったとき。
あなたは、相手を許すことができますか?
もちろん、その瞬間をきっかけに離婚という道を選ぶ人もいます。
しかし、同時にパートナーが二度としないことを約束した上で関係の再構築を目指す夫婦もいます。
再構築をする夫婦は、不倫相手が誰なのか、期間はどの程度だったのか、それが解っている場合や解らない場合、ケースによってさまざまでしょう。
不貞行為をした相手と離婚せず、夫婦関係の再構築をしていく場合、不倫の証拠は特に必要ない、そういう意見もありますが、それは違います。
ここでは、再構築をすると決めた場合でも、不倫の証拠を押さえておくべきその理由を大きく3つのケースに分けてご説明していきます。

1. 再構築をすると決めたはずなのに、相手から離婚を言い渡された場合

お互いに納得して夫婦関係の継続を望んだはずなのに、相手からその気持ちさえも裏切られることがあります。
こういったケースは、不倫を行うような人には珍しくありません。そもそも不倫自体が配偶者を蔑ろにする行為ですから、残念ながらその先に関しても何とも思っていないことが考えられます。
また、不倫相手のほうに気持ちが大きく傾いている場合もこういったトラブルになることが予想されるので注意が必要です。
証拠を押さえておけば、こうした不測の事態にも有利に事を運ぶことができます。
まずは、調査会社を利用するなどして決定的な証拠を押さえておきましょう。

2. パートナーが同じ相手と不倫を繰り返した場合

再構築をしている途中で、パートナーがまた不倫を繰り返すこともあります。
あまりにも許せない行為ですが、こうした場合は不倫相手が誰なのか、相手に悟られないよう水面下で確認しましょう。
不倫の慰謝料はケースによってさまざまですが、基本的には同じ相手と長く継続している場合、その度合いによって高額な請求をすることができます。
相手が不貞行為をしていると気付いたら、その都度証拠を押さえて、事実を確認しておくことが必要なのです。

3. 結果的に離婚を選択することになった場合

一度は夫婦関係の再構築を決めた場合でも、結果的には離婚となることもあります。
どんなに自分が頑張っても、相手の態度に不信感が拭えない。そう感じる人は少なくないようです。
また、一度したことを無かったことにすることは出来ません。
不貞行為をした側は許されたように感じていても、一度裏切られた経験は、なかなか心の中からは消えてくれません。
そういった気持ちの差で結局は離婚せざるを得ない状況になることもあります。
不貞行為を知って3年以内であれば慰謝料を請求することができるので、不倫の証拠を残していれば、そういった状況の変化にも対応がしやすくなるでしょう。

まとめ

不倫の証拠は、持っているだけで有利になります。
しかし、中には夫婦の再構築中にそんなもの(証拠)を持っていたくない、見ていたくないという方もいるでしょう。
そういった場合は、調査会社や弁護士に相談して、誰かに調べることを任せてしまうのもひとつの手です。経過報告に目を通すことはあっても、証拠を手元に置く必要はないでしょう。
切り札になるものですから、相手に許可を取ったり、知らせる必要はありません。パートナーに気付かれないよう、慎重に事実確認を行ないましょう。
時々に応じた的確なアドバイスももらえるので、ひとりで悩んでいる方には知識のある人に助けを求めることを強くお勧めします。

<まさか・・・と思ったらまず証拠>
浮気の証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時9分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。