私はこうして離婚した!(計画的離婚エピソード)

実際に離婚を実行に移すまではいかなくとも「夫と離婚したい」という気持ちに苛まれている方は多いのではないでしょうか。
長く結婚生活を継続していればお互いの嫌な一面が見えてきたり、金銭感覚や子供の教育、親の介護など、あらゆる問題に対する価値観の違いで衝突することもあるかと思います。
とはいえ「離婚したい!」と思うままに行動に起こしてしまうと離婚後の経済的問題に苦しみ、離婚を早まったことを後悔してしまうかもしれません。今回は離婚を決意した時に抑えておきたいポイントについて解説していきます。

1. 仕事を探す

離婚を望んでいる妻にもっとも多いのが「夫と同じ空間にいたくないから今すぐにでも別れたい」という感情に支配され、後先考えずに家を飛び出したり離婚届を夫に突きつけてしまうというパターン。
しかしこれをやってしまうと離婚後の生活が不安定なるばかりか、子供がいる場合は愛する我が子の人生にも影響を及ぼすこと必至です。
特に女性の場合は離婚後の経済的打撃が男性よりも多く、離婚したことによって生活していくのもやっと……という状況になりかねません。
ましてシングルマザーとなれば子供が成人するまでに掛かる費用の一切を自分で稼がなければならないわけですから、「確実に毎月お金が入る収入源」を離婚前に確保する必要があります。
結婚してから専業主婦しかしていなかった、という方はまずパートやアルバイトを探して、離婚後も経済的に自立できるような状況を作りましょう。

2. 住居の確保

離婚をすることになれば、どちらか一方もしくは両方が新しい住居に引っ越すことになります。
妻側が引っ越すのか、それとも夫側が引っ越すのかはそれぞれの話し合いのもとで決められることですが、最初から家を出ると決めている場合は新しい住まい探しの準備を前もって進めておきましょう。
アパートやマンションを借りる際には敷金礼金が必要となることはもちろん、保証人の手続きや子供の転校についても考えなければいけません。
離婚確定後に家具家電などを財産分与できればいいですが、もしそれが叶わなかった場合には家具を取り揃える費用も考慮する必要があります。

3. 子供の問題

離婚で揉める一番の原因が子供の問題です。
親権は?監護権は?といった話し合いにはじまり、子供の養育費、面会回数、転校の有無などの様々な問題、また子供を引き取りたいという思いがあるならやはり慎重に準備を進めるのが賢明です。
しかしここで忘れてはならないのが「一番辛いのは子供である」ということ。
離婚を確定させることに集中するあまり、子供の存在を置き去りにしてしまったり、子供の気持ちに耳を傾けないまま夫婦だけで話を進めてしまえば親子の距離が離れていく可能性もあります。
子供と一緒に居たいと強く願っていても子供側がそれを拒んでしまえば何の意味もありません。

4. 最低でも100万円は貯金する

既にご説明している通り、離婚にはお金が掛かります。特に離婚後は引っ越し費用や生活費など何かと物入りになるので、最低でも100万円の貯金をしてから離婚を実行に移したいところ。
とはいえ、仕事を持っていない方が短期間で100万円ものお金を貯めるのは難しいと思いますから、離婚を本気で考えるようになったら準備期間に最低でも1年間を費やす覚悟で離婚後の生活設計をじっくり練ることをおすすめします。

まとめ

離婚は結婚の何倍ものエネルギーを費やす、とよく言われていますがまさにこの言葉通り、離婚とは辛い気持ちを抱いたままマイナスへと全力で突き進む行為。
それゆえに「面倒な手続きを早く終わらせてしまいたい」「一刻も早く解放されたい」と離婚に焦ってしまいがちですが、離婚においてもっとも大切なことはその後の生活設計です。
例え離婚が成立したとしても、その後自立できるだけの収入源や住まいを確保できなければ新生活もすぐに限界を迎えてしまいます。
慰謝料や養育費、財産分与などはあてにせず、アルバイト探しや資格取得など、まずはできることをはじめてみましょう。

<浮気の証拠を掴みたいなら>
浮気の証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時5分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。