浮気がバレそう!?そんな時にあなたが取るべき行動3選

ちょっとした遊び心のつもりではじめた浮気であっても妻にバレてしまえば人生の一大事。離婚、慰謝料請求、養育費など、頭を抱えたくなるような問題が次々と降りかかり、愛する家族を失うばかりか、これまで積み上げてきた実績や社会的信用のすべてがゼロになる可能性を秘めているのが浮気の恐ろしいところ。

妻に浮気がバレそうになっている男性は、いつ離婚を突き付けられるのか?浮気の証拠を掴まれるのか?とビクビクしながら日々の生活を送っているのではないでしょうか。
パートナーにバレるかも!?という瞬間に直面した時は、以下に紹介する3つの行動を参考にしていただければと思います。

1. 素直に認める

浮気がバレてしまえば元も子もないと考える人は多いと思いますが、下手な言い訳をして妻を逆上させてしまうくらいなら浮気の事実を認めて素直に謝罪をした方が賢明です。

もちろん謝罪をしたからと言って許されるものではありませんが、すぐにバレるような嘘をつき続ければ返ってあなたに対する信用を失っていくばかり。
「素直に認めてくれれば今回は許そう」と思っていた妻も、言い訳ばかりの夫に愛想が尽きて本気で離婚を考えるようになるかもしれません。
妻がどれほど激昂しあなたを罵ったとしても、すべてを受け入れる覚悟で謝罪することに徹してください。

人間は自分の痛いところを突かれると怒りを覚える習性がありますが、ここで妻に対して逆ギレをしてしまえばすべてが徒労に終わります。
浮気をした側、された側、どちらにも言い分はあると思いますが、浮気したことを正当化するような理由を述べても妻の心に届くどころか、逆に怒りの矛先が思わぬ方向に向けられる可能性も出できます。
自分の主張は一先ず横において、妻の気持ちを落ち着かせてあげることに努めましよう。

2. 作り話を用意しておく

浮気がバレそうになっている時は「限りなく浮気の可能性が濃厚である時」です。
つまり、妻の中で浮気と確定しているわけではないが、浮気を疑っている段階だということです。
この場合、妻はこれまでの夫の行動や態度から何らかの確証を得ており、その証拠を夫に突き付けて事実を確認するパターンが多いです。

もしあなたに最後まで嘘をつき続ける自信があるならば、予め用意しておいた作り話を妻に伝えるのもひとつの選択と言えるでしょう。
作り話と言っても咄嗟についた嘘やその場凌ぎの話をでっち上げても女性は勘が鋭いのですぐに見抜いてしまいます。
そのため、こういう事態を予め想定したストーリーを細かく組み立てておく必要があります。
浮気相手との関係性、出会いのきっかけ、なぜ頻繁に連絡を取り合っているのか、妻は細かく追及してくるでしょう。
その場合も冷静に対応し、作られた話が真実であるかのように伝えることがポイントとなります。

作り話を説明する上で何よりも重要なのは妻からの信用を得るということ。矛盾やほころびのない筋の通った説明ができれば、妻も納得してくれることでしょう。

3. 浮気相手と別れる

妻にバレることを恐れている方は、早急に浮気愛との関係を解消してしまうのがもっとも安全かつベストな選択であると言えます。
「浮気相手と別れ話をするのは何かと厄介で面倒……」という理由から、メール1通で片付けたり、突然音信不通にするといった一方的な行動に出る方もいますが、これをすると浮気相手の逆鱗に触れる可能性が極めて高いです。

最悪、浮気相手がストーカー化したり、妻に浮気の事実を暴露して復讐されることもありますので、別れる際は相手の女性にきちんと納得してもらえるまで話し合うようにしましょう。

また、浮気相手と繋がっていることを示す証拠となるものはすべて削除しておくこともお忘れなく。

まとめ

女性は男性が思っている以上に勘が働く生き物。
場当たり的な嘘でごまかせる、しらを切れば逃げ切れる、という考えで浮気を続けていれば必ずその報いを受けることになります。
浮気がバレてすべてを失う前に浮気相手とは縁を切るのが賢明です。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時9分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。