どこまで許せる?浮気のボーダーライン

どこからが浮気でどこからが浮気ではないのか?という浮気の位置づけは、そもそも明確な線引きがなされていないために曖昧な点が多く、性別、年齢、価値観などによって基準が大きく分かれるところでもありますよね。
細かな点で見ていけば浮気の定義は人によって異なってくるものだと思いますが、「これは確実にNG!」とされるボーダーラインは、実は性別や価値観に関係なく一致する項目が多かったりします。
では、どこまでが浮気ではなくてどこからが浮気なのか。確実に浮気と認定させるNG項目を以下に記述していきます。

1. パートナーに嘘をついて異性と出掛ける

「異性と出掛ける」という行為そのものを浮気と考える人は意外にも少ないようです。その理由は、「異性であっても恋愛感情がまったくない友達もいる」「同性の友達も含めてなら特に気にならない」というもので、出掛けることそれ自体は浮気には当てはまらない様子。
しかし、異性と出掛けることをパートナーに黙っていた、もしくは嘘をついていたとなれば話は別。
「やましい気持ちがあるから隠しごとをするのでは?」と、パートナーは真っ先に浮気の可能性を疑うでしょう。

2. キスをする

海外ではあいさつ代わりにキスをするのが一般的ですが、日本ではそのような場面はまずありませんし、ましてや異性ともなればキスなど恋人でもない限りしないもの。
にもかかわらずキスをしたということは、浮気をしたい気持ちがそこにあったと疑われても仕方ないのではないでしょうか。
愛情があるからキスしたのか?という部分はさておき、異性として魅力を感じるところがあるからキスをしたんだ……と、多くの人は考えるようです。

3. 異性とふたりきりで外泊する

仲のいい友人数名で旅行に出かけるというならまだしも、ふたりきりで外泊するというのは何が起こってもおかしくない状況であり、なおかつ疑われても仕方のない行動です。
ふたりきりで外泊したという事実ももちろんですが、何より疑わしいのは先ほども申し上げたとおり「外泊した事実を隠していた」ということ。
最初から正直に外泊の事実をパートナーに伝えていれば少し状況が好転する可能性もなくはないですが、その事実を隠していたとなれば例え何も起こらなかったとしても、さらにパートナーのことが疑わしく思え、本当は何かあったんじゃないか?と勘繰る材料となってしまいます。

4. 手をつなぐ

キスと似たような理由ですが、下心がまったくないのであればほかの異性とスキンシップをとる必要も当然のことながらないわけです。
しかし、手をつなぐということは少なからずその人と近づきたい、少しでも触れたい、という気持ちがあるからであり、関心がない、もしくは嫌いな人であれば手をつなぎたいという発想には至らないと思います。
なんとも思ってないからこそ手をつなげる!といった理由を述べる方もいらっしゃいますが、特定のパートナーがいる場合においてこのような言い訳は通用しないと思っておいた方がいいでしょう。

5. 肉体関係を持つ

言うまでもないことですが、ほかの異性と肉体関係を持つことは浮気以外の何物でもありません。
法的には肉体関係を持った時点で不貞行為と認定され、不貞の事実が明らかとなった場合には慰謝料請求なとが発生することもあります。
「肉体の交わりは心の浮気とは別物」と捉える人もいますが、ほかの異性と性行為を行うことはパートナーに対する裏切りにほかならず、気持ちの部分で浮気をしたのかどうか以前に、パートナーがいながらほかの異性と性行為に及べることが許せない、何をどう間違えても自分の意思でない限りそんなことにはならない、と考える人が大半を占めているようです。

まとめ

浮気には明確な基準はありません。
しかし、ひとつ確かに言えることは、パートナーが浮気だと感じる行為をすればそれは浮気になるということです。
浮気ではないと判断してとった行動であっても、パートナーにとっては裏切り行為と感じることかもしれませんし、その逆もまた然りです。
絶対にしてほしくないことをお互いに話し合って、浮気の基準を明確にしておくことがトラブルを防止する一番の方法と言えるのではないでしょうか。

<まさか・・・と思ったらまず証拠>
浮気の証拠を掴むには、浮気調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

17時50分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。