「確実に証拠をおさえたい!」探偵に浮気調査を依頼するベストなタイミングを教えます

浮気の事実を知ってしまったら、「すぐにでも証拠をつかみたい」「早く白黒ハッキリさせたい」と思うのは当然のこと。だた、十分な手掛かりがないうちに探偵に調査を依頼しても、日時や場所の特定が難しく、調査費用を無駄にしてしまう恐れがあります。

ここでは、証拠を確実におさえるための「探偵に浮気調査を依頼するベストなタイミング」について詳しく解説します。

スマホで、浮気相手とのやりとりを発見したとき

今や浮気の証拠の半分近くはスマホの中に納まる時代になりました。
スマホを調べた結果、そこに浮気の証拠があったのなら、その時が浮気調査を依頼するべきタイミングです。

次の浮気の日時が分かる

スマホのやり取りで、浮気をしていた日時が分かるようなら、より確実な浮気調査を行うことが可能です。浮気調査が失敗してしまう理由の多くは、浮気をしている日時を読み違えるために発生します。

事前に浮気をする日時の情報をつかんでいれば、その日に浮気調査を入れれば確実に証拠を取ることができるため、調査料金を無駄にすることはありません。

浮気の頻度を知れる

相手の行動パターンを読むためには、ある程度の情報が必要です。次の浮気はどんなデートコースを辿るのか、定期的に同じ日時に浮気をしているのか。

浮気の行動パターンを知ることが出来れば、それに合わせて探偵に依頼できるため、費用が無駄になりません。

休日出張が急に増えたとき

休日出張が急に増えたら、それは浮気の可能性がとても高いです。

浮気相手とは平日の夜に会うパターンが多いですが、その仲が親密であるほど、休日にデートをしたいと考えるものです。

休日の不倫デートは外しにくい

平日の不倫デートはホテルに行く可能性が低かったり、仕事の都合でデートがキャンセルになることもあります。

しかし、休日を利用した不倫デートの場合、お互いに数日前から準備をしているので、キャンセルになる可能性はかなり低いです。


となれば、浮気調査を入れても空振りになることは少ないでしょう。出張を装って浮気をしているようなら、探偵に調査を依頼しましょう。

不倫デートの証拠は大きい

不倫の証拠を取るということは、「不貞行為」を確実に証明できなければなりません。

そのためにはホテルに出入りするだけでなく、お互いに親密な様子を確認しなくてはなりません。
その点では、休日を利用した不倫デートは証拠としては最大級の価値があります。


デートの様子はもちろん、一緒に食事をしたり、腕を組んで歩いたり、時にはキスをする様子も撮影することが出来るでしょう。

また、当然宿泊先を共にする様子も撮影できるため、不貞行為を立証するのにこの上ないものが手に入ります。

離婚を切り出されたとき

相手から理由もなく離婚を切り出された場合、その裏ではすでに不倫相手との結婚計画が持ち上がっているかもしれません。

それを阻止するためには、早めに浮気調査を行って不貞行為の証拠をつかみ、離婚の請求をはねのける必要があります。

理由も分からず別居をし始めたら

不倫相手と一緒に暮らそうと考えている人は、長期間の別居を理由に離婚を成功させようとします。

また、不倫相手と早く一緒に暮らしたいため、あえてケンカをするなど嘘の別居理由をでっちあげて、そのまま不倫相手と半同棲生活を送る人も珍しくありません。

別居先での同居が分かれば不貞行為の証拠は大きい

もしも別居先で不倫相手と同棲している様子がわかれば、不貞行為の証拠として威力を発揮することが出来ます。

ただし、夫婦関係が破綻する前からその関係が続いていたことを証明するためには、いち早く調査をする必要があります。

そうしなければ夫婦関係が破綻したのちの行為として、不貞行為として認められず、慰謝料請求すら出来ない可能性があります。

まとめ

不貞行為は早めに止めなければ、事態はどんどんと泥沼になっていきます。「離婚する」も「復縁する」も、確実な証拠があれば有利な立場で話をすすめられます。

浮気の手掛かりが揃ったら、なるべく早く探偵に依頼して確実な証拠をつかみましょう。探偵探しのタントくんなら、専門の相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介(無料)します。

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時24分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。