失敗するリスクがある3つの場面。プロの探偵はここが違う!

探偵に浮気調査を依頼するときに心配なのが、本当に調査が成功するのかどうか。経験が少ない探偵や個人の探偵に依頼すると、失敗してしまうこともあります。
豊富な調査経験があり、ノウハウが蓄積されたプロフェッショナルな探偵社なら、さまざまなリスクに対応しています。調査が失敗するリスクが高い3つの場面を例に、違いをご紹介していきます。

尾行中に対象者に気が付かれる

調査経験がほとんどない探偵が尾行しても、必ずといっていいほど失敗します。

まず、1人で尾行すると対象者を見失う可能性が高いです。見失ってしまえば、調査を続けることができず、時間が無駄になってしまいます。

また、見失わないように距離を縮めると対象者に気が付かれてしまい、尾行していたころがバレてしまいます。

経験豊富な探偵は、尾行のノウハウがある

プロの探偵の尾行は、テレビドラマで描かれるようなやり方ではありません。

対象者を決して見失わないように、最低でも2人で、さまざまな角度から尾行しています。実際にどのように尾行しているのかは、探偵社ごとにノウハウがあるものです。

張り込み中の車でのリスク

「車の中で張り込む」これもテレビドラマでよくある光景です。

しかし、実際に見知らぬ車が長時間停まっていたり、中に人が乗ったまま動かない、という状況はとても不自然です。

特に、住宅街の場合は、近隣住民から警察に通報されることがよくあります。警察に事情を聞かれることになったら、目立ってしまい、対象者だけでなく近隣住民からも警戒されてしまうため、しばらく張り込みをすることが不可能です。

条件によって、張り込み方法を変えるのがプロの探偵

調査経験が豊富な探偵社は、対象者を張り込む場所や時間帯によって、調査方法を細かく変えています。

相手や周囲に気が付かれずに、いかに確実な証拠を掴むか。プロの探偵は、常に緊張感を持ち、細心の注意を払って張り込みをしています。

依頼者から対象者にバレてしまうパターン

探偵へ調査依頼している最中に、依頼者の方から対象者にバレてしまうことも少なくありません。
・夫婦喧嘩の末に、当てつけに「探偵に依頼している!」と言ってしまう
・調査契約書が対象者に見つかってしまう
・探偵とのやり取りが見つかってしまう

このような場合は、一旦探偵への調査をストップし、しばらく時間を空けるなどする方がいいでしょう。

信頼できる探偵社なら、無理に調査を続行しない

本当に信頼できる探偵社は、リスクが高いタイミングでは調査を行いません。もし上記のようなことが起きてしまったら、すぐに探偵社に連絡しましょう。

もちろん、対象者に見つからないように!

まとめ

浮気調査は、相手に一度気が付かれてしまったら、なかなかやり直すタイミングがありません。対象者に気が付かれないよう、経験豊富な探偵社に依頼することが「確実な証拠を掴むポイント」です。
探偵さがしのタントくんでは、豊富な調査経験とノウハウがある探偵事務所をご紹介するため、安心して調査をご依頼いただけます。

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

17時44分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。