結婚話をはぐらかす彼の正体とは?

交際も順調に進み、いよいよ結婚という時は、ぜひ男性からプロポーズしてもらいたいものですよね。
しかし、なぜかプロポーズをしてこず、煮え切らない彼に自分から結婚をアプローチしても答えをはぐらかされることもあるでしょう。
では、結婚をはぐらかす彼は本当に悩んでいるだけなのでしょうか?将来の不安はもちろんあるでしょう。けれど、そこにはもしかしたら別の理由が潜んでいるのかもしれません。

別の女性の影があった?

ある女性からの依頼により調査を行ったのは、今から数年前のこと。女性は当時20歳後半の会社員であり、交際してた彼とすでに3年の付き合いになるといいます。

しかし、その彼に何度結婚の話をしても返事をはぐらかしたまま、すでに一年が経過。そのうちに、彼が次々とよそよそしい行動をしはじめたことから、裏に何かあるなと思い探偵社に依頼をしてきたのです。

彼の怪しい行動

結婚話をいくらしても返事を返さない彼には、次のような怪しい行動があったといいます。

連絡をしても出ない時が多い

結婚話をしはじめた頃から、彼の携帯に連絡をしても出ないことが多くなったといいます。それも仕事が終わっているはずの夜中や、休日にも連絡に出ないそうなのです。
電話に出ない理由について尋ねると、彼は決まって「寝ていた」「仕事をしていた」という言い訳を重ねるのですが、依頼者からするとどうにも発言だったそうなのです。

仕事に夢中なわけではない

依頼者の彼は結婚をはぐらかす理由に「仕事」や「お金」を良く使っていたそうです。
しかし、彼の給料は平均的で、結婚後も依頼者との共働きですから、とくにお金に困窮するとは考えられません。また、仕事にそれほど熱中しているわけではなく、よく仕事のグチを依頼者に話していたそうです。
これらの怪しい言動により疑いをもった依頼者は「もしかしたら、彼には別に好きな女性がいるのかも」と、多くの考えを改めました。

調査の結果は、やはり黒

彼の調査を実際に行ってみると、やはり女性の影が見え隠れするようになりました。
それも一人ではありません。初日に確認した浮気相手だけでなく、後日別の調査では新たに別の女性の存在が確認されたのです。
さらに、ある時には友人らといっしょに合コンに行く姿を確認。そのまま店を出たあと、合コンで知り合った女性とともにラブホテルに入る姿も確認されました。

事実を知った依頼者は…

浮気調査の結果、彼には複数人の浮気相手がいることが判明。さらに一夜限りの関係を結んだ女性もいたことを知った依頼者はその場で激怒してしまいまいた。
さらにそのまま、報告書をもって彼を呼び出して話をつけると息巻いて探偵社の相談室を出て行ったのです。
その後、どうやら彼との関係を断ち切り、新たな男性パートナーと交際を始めたとのことでした。

結婚前に彼の浮気を知ることは大切?

結婚前に彼の浮気癖について調査をすることはとても大切です。
なぜなら、多くの男性は結婚前の浮気癖は、結婚後にも続いてしまうからです。男性の中には結婚ということで女性関係を整理する人もいますが、それでも時がたてば浮気の虫が騒ぎだし、再び異性を漁り始めてしまうものなのです。
ただし、もしも結婚前に浮気癖が発覚し、それをきちんと正すことが出来れば、浮気性を改善することが出来るかもしれません。そのためにも、早めに調査を行い、相手男性の素行を確認する必要があるのです。

まとめ

最近の男性は、以前にもまして結婚に魅力を感じなくなっています。一方、女性は婚期の遅れを焦り、勢いまかせで付き合っている男性と結婚することもあるでしょう。
しかし、その相手が結婚を渋る理由が、単に女性と遊べなくなるからなのかは事前に調査する必要があるでしょう。どんな相手と結婚するかによって人生は大きく変わってしまうものです。生涯にそう何度もない結婚を成功させるなら、結婚をしぶる彼の裏に女性の影がないのか、先に確かめておくと良いでしょう。

<他に女性がいるかも・・・?確認したいなら>
浮気や素行調査は、調査のプロである探偵にお任せください。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

浮気を疑っている方へ

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時6分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。