浮気がバレた…でも別れたくない!という男性が取るべき行動

自分で正しい行動が何かわかっていても、その通りに生きられる人は特別な存在です。特に男性は浮気の本能を抑える必要があるので、一時の過ちも生涯の中にはあるかもしれません。
また、男性は繊細な行動が苦手な人も多く、女性よりも浮気の確率が低い人が多いので気をつけなくてはなりません。
それでは、もし浮気がバレてしまったら、どのようにして許してもらうのか?その方法についてご説明します。

浮気はすぐに認めること!

妻と仲直りをするためには、とにかく早く浮気の事実を認めることが大切です。
男性は浮気について問い詰められると、すぐにそれを否定する癖があります。それは証拠が確実な場合でも変わりません。とにかく怒鳴ることで相手を威嚇し、戦おうとする男性の本能がそうさせるのです。
しかし、浮気をすぐに認めないと、謝罪のタイミングを逃してしまうかもしれません。もしもタイミングを逃せば、その間に関係はどんどんと悪化し、次第に取返しのつかない状態になるかもしれません。

相手を責めてはいけない

浮気をした理由を相手のせいにすることは、和解をするためには絶対にやってはならないことです。
浮気をする原因は、確かに自分だけにはありません。むしろ環境からの影響による反動であったり、夫婦間や恋人からのストレスから逃れるために行っていることが多いのです。

ただし、だからといって浮気を周囲のせいにしてはなりません。関係を修復するつもりがないのならかまいません。しかし、結局浮気をした本人は自分であることにかわりはありません。世の中で発生する多くの犯罪は環境による問題(貧困や家庭環境)によって引き起こされますが、だからといって罪を犯した人間が反省しなくては、問題は収まらないのです。

すぐに謝罪をする

浮気の罪を認めたら、すぐに謝罪をするようにしましょう。
ただ、男性は謝るのがとても苦手な生き物です。特にプライドが高い人ほど謝罪が難しいので、次のポイントに気を付けて謝るようにしてください。

反省の態度をみせる

プライドがなかなか折れない人は、謝る時にも「とりあえず謝っておけばいい」という態度をとりがちです。しかし、それでは相手は納得しませんし、誠意のこもらない謝罪はすぐに見抜かれます。
こんな時には、とにかく反省の気持ちを自分の中に湧きあがらせるようにしましょう。自分がどんなに酷いことをしたのか思い出し、自覚することにより、謝罪の態度は自然とより良いものへと変わっていきます。

相手の気持ちに寄り添う

謝罪をする時には、相手をどのように傷つけてしまったのか想像しなければなりません。でなければ、謝罪をする時に相手が思う「本当に悪いと思っているのか?」という疑念を払しょくすることが出来ません。
浮気によって傷つく人は、自分を愛している人間ということを思い出しましょう。でなければ、浮気によって激怒する人など世の中にはいません。愛する人の信頼を裏切り、愛情を傷つけてしまった事実を思い出してください。

大きな声で謝る

謝罪の仕方は状況によって適切な方法が異なります。
しかし、大半の場合では、出来るだけ大きな声で謝罪することにより、相手に良い印象を与えることができます。
人間は、相手が通常とは違うトーンや音量の大きい声を発すると、本能的に緊急事態であると察知する能力があります。さらに、脳が発する緊急事態の命令は、脳の余分な思考をカットし、その信号のみに集中するという働きがあります。
つまり、大きな声で謝ることで、相手に余分な疑念を抱かせる機会を減らすことができます。相手に謝罪が本心であると受け取ってもらえなければ意味がありません。どうやって謝って良いのか分からなければ、とにかく大きな声で謝罪しましょう。

まとめ

浮気の謝罪は簡単ではありません。特に自分を愛してくれている女性ならなおのこと浮気を許すことが出来ません。
しかし、そんな女性だからこそ仲直りがしたいと考えている浮気男性は多いもの。とても身勝手な発想かもしれませんが、犯した過ちを償うチャンスはあるはずなので、あきらめずに謝罪を続けていきましょう。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時16分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。