浮気とは無縁のカップル・夫婦に共通する、長続きの秘訣とは

もし、愛するパートナーに浮気をされたら……。
男女の関係では、こうした不安に苛まれてしまう瞬間もあるでしょう。
では実際、浮気をされないためには、お互いにどんなことを意識するべきなのでしょうか。
ここでは、浮気とは無縁の関係をパートナーとの間に築くための5つの項目をご紹介します。
少しでも不安を払しょくしたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 楽しい事や美味しいものを出来るだけ共有する

良好な関係を長く続けるための一番の秘訣は、ふたりの小さな思い出を積み重ねていくことです。

素敵なパン屋さんを見つけたら、連れて行きたくなる。泣ける映画を観たら、話をしたくなる。
こうやって些細な感動を共感できれば、そのパートナーとはお互いだけを大事に、長続きできます。

どこにでもある幸せを、ともに実感し合える人。そんな相手がいれば、人は他の人に寂しさの穴を埋めてもらう必要がありません。
浮気を防止するためには、嬉しい発見を毎日、何気ない会話で共有することが大切なのです。

2. 「完璧」をやめる

相手に浮気をされないためには、自分がパートナーとして完璧でいなければならない……。
こんなふうに思っていては、逆に相手との距離が開いていくだけです。

完璧な男性や女性を演じても、あなたの魅力は伝わりません。それどころか、相手は息が詰まってあなたとの時間を窮屈に感じてしまうでしょう。

ありのままでいいのです。相手をどこまでも受け入れたいのなら、自分も本当の姿をさらけ出す努力をしましょう。
ありのままで居て許されるということは、それだけで存在が承認されたのと同じです。同時に、完璧を求められていないという安心感と自由が得られるので、暴走したいという欲求も減少します。
取り繕ってストレスを溜め合わないためにも、本当の相手の姿を見極められる力をつけるようにしましょう。

3. いつも相手の体を気遣う

パートナーとはお互いの健康状態についていつも話し合い、隠し事が無いようにしましょう。疲れが溜まっていないか、様子をみて声をかけることも大切です。

健康状態は他人に詳しく話さない、とてもプライベートな情報です。それを共有することは、将来に向けてふたりで並んで歩いているイメージも芽生えさせることにもなります。

人は、自分のことを心配してくれている人を裏切ることが中々できないものです。
お互いの健康に責任感を持つようになると、相手の変化にも敏感になります。
自分を大切にするように、相手のことも労わるようにしましょう。

4. ケンカは次の日に持ち越さない

パートナーとは、時に喧嘩をすることもあると思います。しかし、その悪い空気を長引かせてはいけません。
喧嘩をしたら、次の日にはさっぱり忘れるか、きちんと言葉で謝るようにしましょう。
お互い以外に目移りする時間を減らすためには、毎日隣で一緒に生活を送ることが重要です。
コミュニケーション不足が続くと思いやりのない行動を生んでしまうので、何度も同じことで喧嘩になることがないように理性的に対応しましょう。

5. 帰ると癒される場所を作る

人が一番失いたくないものは、自分の帰れる場所です。
もしあなたが相手を愛していてずっと一緒にいたいと思うなら、相手から何よりも大切と思われる、そういう環境をつくりましょう。
疲れた時に、「早く返って休みたい!」と思ってくれる、そんな場所です。

実は、人はそういう場所を用意してくれる相手には高望みをしなくなります。家族と同じ、ありのままでいてくれることを望むようになるのです。
帰るところがはっきりしていれば、一時の気の迷いにも惑わされなくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?
パートナーとは、いつまでもラブラブでいたいものですよね。
でも、男女の関係は自分だけが頑張っても上手くいかないこともあるのが実際のところです。

愛する人との信頼関係は、強ければ強いほど壊れたら元には戻りません。
その尊さにお互いが気付けているかどうか。結局は、この一点こそがいちばん大切なカギなのかもしれませんね。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時23分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。