絶対浮気しない人は存在する?浮気する人としない人の違いとは

過去に浮気をされた経験のある人なら、「二度とあんな思いはしたくない!」と思うのは当然のこと。
「できれば、絶対に浮気をしない、誠実な人をパートナーに選びたい……」
「今のパートナーは、本当に信頼しても大丈夫かな……?」
こんな風に、不安に思ってしまうこともありますよね。

では、「確実に浮気をしない」と言い切れる人って、この世に存在するのでしょうか。

今回は、浮気をする人としない人の考え方の違い・浮気をする人の心理について考えていきたいと思います。

浮気をする人としない人ではどんな違いがある?

浮気をする人としない人。各所でさまざまな特徴が語られていますが、決定的な違いはたったひとつ。
ずばり、「自分だけは大丈夫」という、根拠のない自信があるかないかです。

浮気に走る、「自分だけは大丈夫」という人の考え方はこうです。

  • 浮気をしてしまったけど、自分だけはバレないだろう。
  • 何かの拍子にバレても、きっと許してもらえるだろう。
  • そもそも、自分が浮気に走るなんて何があってもあり得ない。だから心配いらない……。

対して、浮気をしない人の考え方はこう始まります。

  • 浮気をしたら、いつかは絶対にバレる。
  • 浮気がバレたら、パートナーも信用も、全部失うことになる……。それは絶対に避けなければならない。
  • パートナーを裏切る行為は、人として絶対にしてはいけない。

両者には、前提からこんな違いがあるのです。

浮気は、「ダメだ」と言い聞かせながらもやってしまう時がある

浮気はしたいからする時と、ダメだとわかっていながら自分を止められずにやってしまう時の2つがあります。

浮気をした人の中には、「自分は絶対浮気をしない人間だと思っていた」という人もいるのです。
上記のように、「あり得ないから心配いらない」と思い込んでいたパターンですね。このケースは、意外と多いのです。

しかし、人間の気持ちはコントロールが難しいもの。
するしないに関わらず、誘惑があればぐらつく可能性はいつでもあります。
結局は、相手の中で自分の存在がどれくらい大きいのか。これを判断できなければ常に不安と付き合い続けなければならないのです。

相手がぐらついた瞬間に「絶対に裏切れない人」として強く頭に浮かぶ存在、これになれるかどうか。そういう関係が築けているかどうかにかかっているということになります。

では、そんな浮気をされない関係を築くためには、どんなことを意識していればいいのでしょうか。
それを次の段落でお話していきます。

浮気をされないために、やっておくべき防止策

人は誰でも、誰かに感謝されたい、認められたいという気持ちがあります。
これが満たされないと、それを埋めてくれる場所をどこかに探すしかないのです。
まずは、小さなことでも「ありがとう」を忘れないようにしましょう。そして、「すごいね」「偉いね」と、大げさでも褒めてあげることが大切です。

そして次に重要なのは、どんなに相手のことを信頼しているか、愛しているか伝えることです。
正しく関係が築けていれば、「この愛情や信頼が途絶えると考えると、浮気なんてできない」……そう思ってもらうことが出来るでしょう。

浮気の心配がない関係は、お互いの力によって作られるものです。
恋愛で浮気に走ることが無いような相手を選ぶより、こうした浮気防止の術を覚えておく方が、不安を無くすためには現実的と言えます。

まとめ

「人にも気持ちと言う物があるんだから、浮気は仕方ない!」という考えの人もいますが、絶対に浮気をしない人は存在します。

重要なのは誘惑があった時心がぐらつかないことより、行動に移さないことなのです。
そして衝動的に行動に移さない・浮気をしない人とは、想像力と計画力があり、思いやりの強い人であることは間違いありません。

相手の浮気ばかり心配するより、素敵なパートナーを見つけて信頼関係を築くことが、きっと、人生の幸福への近道になるのではないでしょうか。

<浮気してるかも・・・、そう思ったら証拠から>
浮気を疑うと、感情的な態度になることもあります。白黒ハッキリつけるには、探偵に浮気調査の依頼を。探偵探しのタントくんなら、相談員があなたの状況にあった探偵をご紹介します。ご相談は無料です。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

21時10分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。