離婚のために浮気調査をしたい

有利な離婚には、浮気を証明する明確な証拠が不可欠!
<離婚編>探偵に浮気調査を依頼して得られた証拠の使い方

配偶者の浮気・不貞が原因で離婚する場合、十分な慰謝料や親権を得るためには、浮気を客観的に証明する明確な証拠が必要です。

探偵が確保できる、離婚・慰謝料請求に
有効な証拠

浮気相手への慰謝料請求には下記のような証拠や情報が必要です。
どれか1つでは不十分な場合が多いので、有利に交渉を行うためにも、証拠になりうるものは、なるべく多く集めることをおすすめします

  • ホテルに出入りしている場面の写真・動画
  • 不貞行為を認める手紙やメモ、日記
  • 宿泊した時のホテルの領収書
  • 浮気相手の素性や住所 など

【浮気調査 報告書サンプル】

注意!
  1. 浮気相手との通話履歴や、メール・LINEのやりとり、手をつないでいる、またはキスしている程度の写真のみでは、客観的に浮気・不倫の事実を裏付ける証拠としては不十分になります。
  2. 探偵に依頼するのではなく、ご自身で尾行するのはやめましょう

メールやLINEのやり取りは、「冗談で送りあっていた」という言い訳が通用してしまう可能性があります。手を繋ぐ、キスをするといった行為も許せないお気持ちになるでしょうし、「浮気だ」といいたくなるかもしれません。
しかし、法律上、不貞関係にある(浮気をしている)といえるのは、肉体関係があった場合だけなので、手を繋いだり、キスをしたりした瞬間の写真があっても、それだけでは浮気の証拠としては弱いのです。
ただし、小さな証拠も含め、数が多いほうが交渉で有利になりますので、なるべく集めるようにしましょう。
また、ご自身で尾行するとバレてしまう可能性が高いです。夫婦なら、後ろ姿だったり変装をしたりしても見つけられる気がしませんか?それに、浮気の証拠はホテルなどに入る瞬間だけでなく出る瞬間も必要となりますので、単純に物理的な拘束時間もかなり長くなります。
さらに、尾行には技術や経験も必要です。顔が知られている人、素人の人の尾行はおすすめできません。調査対象者に尾行していることが少しでもバレると、対象者の方もそれ以降大変警戒しますので、交渉のために必要な浮気の事実を断定できる証拠をつかむのが、かなり難しくなってしまいます。
慰謝料請求自体ができなくなってしまう可能性がありますので、十分ご注意ください。

夫や妻、浮気相手への
慰謝料請求について

浮気の確実な証拠を押さえることができれば、配偶者と浮気相手の両者に慰謝料の請求ができます。

慰謝料の相場
配偶者
浮気が原因で離婚に至った場合 200万円〜300万円
浮気相手
浮気が原因で離婚に至った場合 50万円〜200万円

慰謝料の金額は、浮気の期間や回数、どちらが積極的だったかなどの事情によっても変わります。

子どもの親権について

浮気の証拠があると、離婚時の慰謝料などを有利に行うことができます。
しかし、子どもの親権はそうとは限らず、妻が浮気をして離婚をすることになった場合でも、親権は妻が持つことになるケースが少なくありません。
母親が必要だと判断をされるからです。
ただし、浮気による育児放棄などがあれば、父親が親権を持つことになる可能性もあります。

離婚に必要な証拠は探偵で

このように、配偶者や浮気相手への慰謝料請求・親権の問題など、客観的に不貞を証明する明確な証拠を得るか得ないかで、離婚の内容も大きく変わってきます。
確実な証拠は、ご自身のみで集めることはかなり難しいので、プロの探偵の力を借りるのが賢明です。
とはいえ、探偵に調査を頼むと高いのではないか、本当に証拠をおさえてくれるのか、証拠をおさえたらその後どうしたらいいのか、など、不安になることはたくさんあると思います。
探偵さがしのタントくんでは、浮気や離婚のお悩み相談から、信頼できる探偵社の紹介、その後のアフターフォローまで、無料でフルサポートしております。
実績豊富な相談員が対応いたしますので、直接探偵に問い合わせるのは不安という方は、お気軽にご相談ください。

実際に離婚した事例を読みたい方はこちら 浮気・不倫調査の実例

タントくんが選ばれる理由はこちら タントくんを利用するメリット

浮気調査
不倫の証拠集めに関する無料相談はこちら

探偵さがしのタントくんは、調査実績500件以上・調査員15名以上在籍の探偵社をご紹介しています。無料相談からアフターフォローまで無料でフルサポートします。お気軽にご相談ください!

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

ただいま、22時1分 お電話受付中!

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。