探偵ができる調査

ストーカー調査

重大な事件に発展してしまう前でも、探偵であれば調査が可能です。周囲に感じるあやしい気配や違和感、嫌がらせなどの証拠を集めておき、事件を未然に防いだり、犯人に刑事罰を与えるなど、調査によって大きな効果を得られるケースがあります。

探偵に依頼するメリット

ストーカー行為の証拠を安全に集めることができます

  • 現場の張り込みや、監視カメラを設置し、ストーカー犯の行動を記録
  • ご依頼者様(被害者)との同行調査
  • 迷惑メール・迷惑電話などのデータ調査
  • 証拠収集後の警察への相談の同席

こんなお悩みありませんか?

  • つきまとわれているまたは、待ち伏せされている
  • 監視しているという内容の告知がきた
  • 誹謗中傷、嫌がらせ、脅しなどの行為やメッセージ
  • 無言電話がかかってくる
  • 汚物などが送られてきた
  • 名誉または、性的恥辱心を害する内容の告知

調査を依頼するとき、
準備してあると良いものは?

氏名・住所、写真(顔・全身)、携帯電話番号など、ご相談者様が知る限りのストーカー犯の情報すべて

実際の証拠物
メール
メールはそのまま受信ボックスに残すか、データとして残しておきましょう。難しい場合は、プリントアウトまたはメール画面を写真に撮って保存しておくことが大切です。
贈り物
プレゼントとして贈られたもののほか、嫌がらせとして贈られたもの(汚物など)も保管、または写真に撮っておきましょう。
あわせて日時や状況をメモしておくと、大きな手がかりとなります。
落書き
写真やビデオで残しておくことが必要です。
落書き箇所周辺の状況などもあわせて撮影、またはメモに残しておきましょう。
誹謗中傷の手紙、チラシなど
現物を保存、または写真に撮って保存しましょう。捜査の手がかりとなります。
被害の記録・履歴
通話、着信履歴
通話内容の録音は、大きな手がかりとなります。そのほか、着信のあった回数、頻度などを記録することが大切です。
つきまとい、尾行、のぞき
まず何よりも身の安全を図ってください。その上でつきまとわれた日時、場所、時間、状況をメモしておきましょう。
訪問
不用意な接触には充分に注意をしてください。その上で、訪問の日時、頻度、状況の記録を残しておきましょう。
誹謗中傷やいやがらせ行為
状況を撮影、録画、録音、メモなどで記録しておくことが必要です。居合わせた人物に証言の協力を求めることも役立ちます。

探偵さがしに関する
無料相談はこちら

安心して信頼できる探偵社を賢く選んでいただけるよう、探偵や調査について適切な情報を提供し、お悩みに合った探偵社をご紹介しています。お気軽にご相談ください。

相談無料、365日24時間、日本全国対応、匿名OK

今すぐ相談したい方はお電話にて

0120-313-772

14時8分現在、電話が繋がりやすくなっております。

WEBで相談する

差別調査や、DV・ストーカー行為につながる調査、暴露行為に関連する調査、および違法調査のご相談はお断りいたします。
※正当性のない調査(DV、ストーカー行為などにつながる可能性がある)違法な調査を依頼した場合、ご依頼者にも罪が及ぶ恐れがあります。